mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > エルンスト・カッシーラー

エルンスト・カッシーラー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年2月20日 00:30更新

コミュニティがないので作ってみましたが、私もあいにくカッシーラーを知ったばかりで、管理人として適任かどうか覚束ないです。自分こそ管理人に!という人は連絡してださい。

エルンスト・カッシーラー(Ernst Cassirer, 1874-1945)
(生涯)
ドイツの哲学者。1874年旧ドイツ領ブレスラウ(現ポーランド領ヴロツワフ)に生まれる。ヘルマン・コーエンの下でカント哲学を学び、マールブルク学派の一人に数えられるが、近代認識論の大著である『近代の哲学と科学における認識問題』(1-3巻, 1906-1920, 4巻, 1950)や『実体概念と関数概念』(1910)で独自の立場を確立し、さらに『シンボル形式の哲学』(1923-1929)で言語・神話・宗教・芸術などを包括する文化哲学の体系をつくりあげた。1933年、ナチスの支配と同時に亡命を余儀なくされ、オクスフォードからスウェーデンをへて、1941年以後アメリカで活躍する。1945年4月、ニューヨークで歿。(カッシーラー『カントの生涯と学説』みすず書房による紹介文)

(著作)
『カントの生涯と学説』(みすず書房)
『実体概念と関数概念』(みすず書房)
『認識問題2-1』(みすず書房)
『認識問題4』(みすず書房)
『ジャン=ジャック・ルソー問題』(みすず書房)
『シンボル形式の哲学』(岩波文庫)
『人間』(岩波文庫)
『国家の神話』(創文社)
『啓蒙主義の哲学』(ちくま学芸文庫)
『十八世紀の精神』(思索社)
『自由と形式』(ミネルヴァ書房)
『個と宇宙』(名古屋大学出版局)
『言語と神話』(国文社)
その他にも、ルネサンスの思想家(クザーヌス、フィチーノ)、ガリレオ、デカルト、ニュートン、ライプニッツ、ゲーテ、ヘルダーリン、相対性理論や量子論、等を扱った論考が多数。

トピックは自由に立ててください。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 88人

もっと見る

開設日
2006年12月3日

3771日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!