mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 福島 安正

福島 安正

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年12月20日 04:10更新

福島 安正が無かったので作りました。
自由にやって下さい。

★1852年10月27日(嘉永5年9月15日)-1919年(大正8年。2月19日)、大日本帝国陸軍の軍人である。情報将校。父は松本藩士。

信濃国(長野県)に生まれる。江戸へ上京し、幕府の講武所で洋式兵学を学び、明治には開成学校へ進み外国語などを学ぶ。1874年(明治7)明治政府に仕官し、司法省から文官として陸軍省へ移る。1877年の西南戦争では福岡で征討総督府の書記官を務める。翌年には陸軍士官登用試験に合格し、陸軍中尉となる。

中国、朝鮮などで視察を行い実地調査を報告し、天津条約の交渉にも陪席する。陸軍大学校ではドイツから来日したクレメンス・メッケルから学ぶ。明治19年にはインド、ビルマ方面への視察を行い、翌20年にはドイツのベルリン公使館に駐在、公使の西園寺公望とともに情報分析を行い、ロシアのシベリア鉄道敷設の情報などを報告する。1892年(明治25)には冒険旅行という口実でシベリア単騎行を行い、ポーランドからロシアのペテルブルク、エカテリンブルクから外蒙古、イルクーツクから東シベリアまで実地調査を行う。この旅行が一般に「シベリア単騎横断」と呼ばれるものである。その後もバルカン半島やインドなど各地の実地調査を行い、現地情報を参謀次長の川上操六らに報告する。

日清戦争では第一軍の参謀、1904年からの日露戦争では満州軍総司令部参謀に任官、それまでの経験を活かして諜報部において手腕を振るう。特に、満州馬賊を率いて戦った「遼西特別任務班」、「満州義軍」の総指揮を行ったが、一般にはあまり知られていない。戦後に参謀次長、また、関東都督。大正時代には予備役となり、職を引退した後は国内旅行などをして過ごす。67歳で死去。

<陸軍>
黒木 為http://mixi.jp/view_community.pl?id=1582027
福島 安正http://mixi.jp/view_community.pl?id=1582043
一戸 兵衛http://mixi.jp/view_community.pl?id=1582094
西 寛二郎http://mixi.jp/view_community.pl?id=1582116
奥 保鞏http://mixi.jp/view_community.pl?id=1582157
岡崎生三http://mixi.jp/view_community.pl?id=1582219
野津道貫http://mixi.jp/view_community.pl?id=1582240
小川又次http://mixi.jp/view_community.pl?id=1582265
藤井茂太http://mixi.jp/view_community.pl?id=1582187

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 18人

もっと見る

開設日
2006年11月24日

3922日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!