mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > アースデイだよ!全員集合〜♪

アースデイだよ!全員集合〜♪

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年9月6日 07:42更新

  ☆アースデイ北海道in屈斜路☆ 
想いツナガル北海動! 〜地球への約束〜

☆アースデイって何?
アースデイは地球の日!
地球に感謝し、美しい地球を守る意識を共有して、
地球のために行動する日です。
大人から子どもまで、国境 民族・信条・政党・宗派は関係なく誰もが参加できる世界最大の環境フェスティバルなんです!

☆なんでアースデイなの?
それは世界を変えることができるから!
世界中のたくさんの人が環境というテーマのもとつながり、
広がって、日本でも世界でもとても大きな成果を生んできました。
あなたにも世界を変えることができるんです!
あなたが思い立ったら、その日がアースデイ。
地球のことを思って行動すれば
毎日がアースデイになるというわけ。

みんなの毎日がアースデイなら
自分にも地球にも気持ちがいい世界になると思いませんか!?

◎開催期間 :5月12日〜6月30日
◎メインデイ:6月22日〜6月30日(夏至〜満月)
◎会場   :弟子屈町 国立公園屈斜路湖畔和琴半島キャンプ場
◎参加費  :無料 *但しキャンプ代はかかります。
      (一泊:大人450円 小人350円)
◎テーマ  :地球を感じる「祭」 〜想いツナガル!〜

☆「想い」に気付く!
 事実を知り、自分の心の中にある小さな声に気付く!
☆「想い」をつなげる!
 一人ひとりの「想い」は小さいけれどヒトツになれば
 大きなムーブメントが起こせるはず。
☆「想い」を行動に移す!
 たくさんの「想い」があつまれば何かが動き!何かが変わる!
☆「想い」に感謝する!
 みんなの「想い」が地球とつながる事に感謝する!

<想いツナガル!メイン企画>

☆100万人のキャンドルナイト
私たちのアースデイは6月22日
夏至の日にキャンドルナイトでスタートします。
たくさんあるキャンドルの中で私たちは「夢灯り」を選びました。
北海道発祥の『夢灯り』は旭川発の文化としていまや日本中に知られ、各地で様々なイベントや催しに取り入れられています。
夢とは「希望」「明るい未来」を意味し、
また北海道へ来た先人たちは「夢をもって」開拓にきたところから、
北海道ならではの想いがあります!
そしてまた素晴らしいのは「誰でも簡単に作ることができる」
という点です。
たくさんの子供たちに多く触れあってもらい
「感動・喜び・想い」が一緒にわかちあえるというところです。
広島では2万人の子供たちが「
夢のメッセージ」を添えて作ったそうです。

現在その「想い」が広島・長崎にもつながり「原爆の日、ピース・キャンドルナイト」はこの「夢灯り」で行われています。

☆「平和の火」列島リレー
とても「想い」の込められたキャンドルですから、
私たちはこの「夢灯り」に灯す「火」にもこだわりました。
聞くところによると原爆の残り火が今でも大切に「平和の火」として保存されていることを知り私たちは驚きました。
そしてぜひこの「平和の火」で
キャンドルナイトをしたいという思いにかられました。
戦争への怒りや悲しみを超え、明るい未来へ夢と希望と平和の祈りが込められたこの「火」を灯すことにより
あらためて今ある命に感謝し
生きることの喜びを感じて感謝したいと考えました。

「平和」「環境」「明るい未来」を想い、星野村の子供たちから
北海道の子供たちの作る「夢灯り」キャンドルの点火の火として
人から人へと沢山の方の想いをつなげて列島リレーしていきます。

ひとりでも多くの人々の心の中に「平和の火」を灯し続けることを
願い、その火を絶やさないよう「想い」をつなげるのです。
混沌とした社会にあかりを灯すことで、
たくさんの人々がその火に触れ、その火を知り、祈りを捧げ、
命に感謝し、明るい未来を生きるため希望を託し、
そのきっかけとなるよう想いを込めて
「平和の火」を伝えていきます。

☆「 葦舟 」ノアの箱船プロジェクト
なぜ葦舟なのか?屈斜路湖で「アースデイ」を開催する、
そこならではの企画として当初、カヌーで釧路川を下る
「リバートレッキング」を考えていました。
その船自身にもこだわってみようと思ったのは、
石川仁氏の「葦舟で太平洋横断」の話を聞いたからでした。

石川仁さんは言います・・・。
葦舟は人が行きたい場所に自由にいける乗り物ではない。
かといって、自然によって勝手に運ばれるかって言うと、
それじゃ漂流物と一緒。

葦船は、自然と人が話し合って行くべき場所にたどり
着く舟なんだと思います。

前から風が吹けばバックして、
横から風が吹けば横に流れ風が吹かなければ、
ジーッと待つしかない船。
そもそも、風は最初から最後まで一直線に吹くことなんてないのだから。いつどこにたどり着くかわからないという
一見無謀な航海は人間が自然をコントロールしていくのではなく自然にゆだねるという感覚を思い出すための旅。

葦舟は、みんなのいろんな「想い」や「メッセージ」を
積み込んで発信する乗りもの。
葦の一本一本を束ねた葦船のように
一人ひとりが生かされてヒトツになるこのプロジェクトを通して、
不可能といわれていた夢がかなうことも伝えていけると思う。

「現代の希望」そのものみたいな船だと感じました。

この船を「ノアの箱舟」に見立て、
みんなで協力して作ることで「気づき」のきっかけになればと考え
「想い」ツナガル! このプロジェクトを立ち上げました。

葦船を通じて、海や川、湖など、水の大切さを感じながら、
自然の中で学ぶ楽しさも合わせて感じて欲しいです。
製作した「葦舟」は屈斜路湖から、「平和の火」とともに
釧路川を下り、4日間かけて太平洋まで漕ぎ出し
鎮魂の意味も込めて海へ送り出す予定です。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 82人

もっと見る

開設日
2006年11月22日

3750日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!