mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > テネシー・ウィリアムズ

テネシー・ウィリアムズ

テネシー・ウィリアムズ

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年8月6日 19:54更新

 意外なことにコミュがなかったので立てさせていただきました。


 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 テネシー・ウィリアムズ(Tennessee Williams, 1911年3月26日 - 1983年2月25日)は、アメリカ合衆国のミシシッピ州コロンバス生まれの劇作家。本名はトマス・ラニアー・ウィリアムズ(Thomas Lanier Williams)。愛称の「テネシー」はその南部訛りからセントルイスでの学友に付けられた。ルイジアナ州ニューオーリンズのフレンチ・クォーターで長年暮らした。

 テネシー・ウィリアムズの家庭には問題が多かった。彼の姉ローズは恐らく彼に対する最も大きな影響を与えた。彼女は精神障害で精神病院の中で生涯のほとんどを過ごし、両親は結局彼女に対するロボトミー手術を許可した。テネシーはこのことで両親を許さなかった。彼の作品の登場人物はしばしば家族に対する直接の抗議であると見られる。『ガラスの動物園』のローラ・ウィングフィールドは姉のローズ、アマンダ・ウィングフィールドは、彼の母親がモデルであるとされる。また『去年の夏突然に』のセバスチャン、『ガラスの動物園』のトム・ウィングフィールドを含めて、彼のキャラクターの多くは自叙伝的である。

 彼は同性愛者だったと言われる。秘書のフランク・マーロ(Frank Marlo)との関係は、出会った1947年から1963年の癌によるマーロの死まで続いた。1979年の1月にゲイバッシングの犠牲者としてフロリダ州キーウェストで5人の十代の少年によって殴打された。

 テネシー・ウィリアムズは1983年、ニューヨークのホテルでボトル・キャップを喉に詰まらせ窒息死した。しかしながら、彼の兄弟デーキン・ウィリアムズなどは幾人かはそれが殺害だと信じている。

 1948年には『欲望という名の電車』で、1955年には『熱いトタン屋根の猫』でピューリツァー賞を受賞している。

 主な作品
 『ガラスの動物園』 - The Glass Menagerie (1945)
 『欲望という名の電車』 - A Streetcar Named Desire (1947)
 『夏と煙』 - Summer and Smoke (1948)
 『カミノ・レアル』 - Camino Real (1953)
 『バラの刺青』 - The Rose Tattoo (1955)
 『熱いトタン屋根の猫』 - Cat On a Hot Tin Roof (1955)
 『ベビイ・ドール』 - Baby Doll (1956)
 『地獄のオルフェ』 - Orpheus Descending (1957)
 『青春の甘き小鳥』 - Sweet Bird of Youth (1959)
 『去年の夏突然に』 - Suddenly, Last Summer (1959)
 『イグアナの夜』 - The Night of the Iguana (1961)
 『ローマの哀愁』 - The Roman Spring of Mrs. Stone (1961)
 『風変わりなナイチンゲール』 - The Eccentricities of a Nightingale (1964)

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%BA" より作成

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 267人

もっと見る

開設日
2005年4月20日

4245日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!