mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 鈴木いづみずむ

鈴木いづみずむ

鈴木いづみずむ

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月13日 23:51更新

 イズミとカオルの過剰な愛憎を描く「エンドレス・ワルツ」で思い出されるのは、アンジェイ・ズラウスキーの「狂気の愛」、ジャン=ジャック・ベネックスの「ベティー・ブルー/愛と激情の日々」、レオス・カラックスの「ポンヌフの恋人」といったヨーロッパの気鋭の監督たちの作品だ。“狂気の愛”“愛と激情の日々”と言う言葉は、まさにイズミとカオルの関係を体現してこれ以上のものはなく、そういう意味で言えば、日本映画に初めてヨーロッパ的な自我を持つ伝説的な愛を描いた作品が生まれたといっても過言ではないだろう。
 この作品のモデルとなったイズミとカオルは、彼らを知る人々にとってとうに伝説的存在り、現在でも熱い思いで語り継がれている。  
 時代が大きく揺れていた70年代、新宿周辺で出会った宿命のカップル。    
 女優で小説家だった鈴木いずみと、天才的サックス奏者と呼ばれた阿部薫。  
 このカップルにまつわるスキャンダラスなエピソードは、映画の中でもしっかりと描かれているが、時間と空間を疾走したアナーキーな恋人たちを、単に過去の伝説としてスクリーンに再現するのではなく、現在、そして未来のカップルたちをも視野に入れて描いているの

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 181人

もっと見る

開設日
2006年11月21日

3668日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!