mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Ernest Bloch

Ernest Bloch

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年7月19日 06:40更新

エルネスト ブロッホ(Ernest Bloch)が好きな方のためのコミュニティーです。
私の友達がコンクールでBaal Shemを演奏したのがきっかけで興味を持ち始めました。
私は全然詳しくないのですが、コミュニティーがなかったので作りました。


〜ウィキペディアより〜
スイス出身のユダヤ人作曲家・音楽教師。アメリカ合衆国で活躍し、主に門弟を通じてアメリカにおける戦間期の新古典主義音楽の興隆を後押しした。

歌劇《マクベス》(1910年)を含む初期作品は、新ドイツ楽派のリヒャルト・シュトラウスや、フランス印象主義音楽のドビュッシーの両方からの影響を示している。最も有名な作品を含む成熟期の作品は、しばしばユダヤ教の典礼音楽や、ユダヤ人の民俗音楽を依り拠としている。この例が、チェロと管弦楽のための《シェロモSchelomo 》や《イスラエル交響曲Israel Symphony 》(以上1916年)、ヴァイオリン曲《バアル・シェムBaal Schem 》(1923年)、バリトン独唱と合唱、管弦楽のための《聖なる典礼Avodath Hakodesh 》(1933年)にほかならない。ヨゼフ・シゲティのために作曲されたヴァイオリン協奏曲や、合唱つきの《アメリカ狂詩曲》もこの時期の作品である。
第二次世界大戦後の作品は、様式の上でより多様性がみられるが、本質的にロマン主義的な音楽語法は依然として残っている。《ヘブライ組曲Suite h?bra?que 》(1950年)は相変わらずユダヤ的な題材を扱っている。《合奏協奏曲 第2番》(1952年)は、ロマン派的な和声法を踏まえも、バロック音楽の形式を用いることで、新古典主義への関心を強調している。後期の弦楽四重奏曲などでは、無調的な要素も見受けられる。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2006年11月19日

3843日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!