mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 我が子に会いたい親の会

我が子に会いたい親の会

我が子に会いたい親の会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年4月21日 09:41更新

今、離婚を契機に、各種資料から推定すると(下記、厚生労働省「離婚に関する統計」およびNPO 法人ウインク(2005)等参照)、年間約17.5万組もの未成年者と非監護親とが生き別れ状態になっています。

内約14万組では、実父との関係が絶たれています

ちなみに年間の不登校児童生徒数が13万人程です。

離婚による親子の引き離し問題の当事者がいかに多いかがわかります。

これは既に社会問題ではないでしょうか。


今問題になっている児童虐待の問題でも、その多くは、離婚後の(特に母子)家庭で起こっているようです。

実際、ある調査結果によると(下記、東京都福祉保健局HP参照)、母子家庭に新しい「オス」が登場した場合、かなりのハイリスクとなっています。


また、日本は、離婚後の親子の引き離し問題に対して、あまりにも冷たい国と言っていいでしょう。

日本は先進国では唯一、離婚後の共同親権制度を採らない国であり、2011年5月27日の民法改正により離婚後の親子の面会交流の明文化はされたものの、社会的支援が伴わず、強制力もないため未だ不充分な状況です。

よって、別居時や離婚後における離れた親子の面会交流もままならないという現実があります。

そのためか、少子化の影響もあり、離婚時の夫婦間による子どもの奪い合い紛争が後を絶ちません。

中には、DV法を悪用して子どもの親権を取ろうとする深刻なケースも見られます。


要するに、私たちが今直面している、「我が子に会えない!」という問題は、単に個別の親子問題という範囲を超え、既に社会問題でもあり、その解決には多くの人々の理解と協力が必要なのだと思います。


雷 親子の引き離し行為は、重大な児童虐待であり、別居親に対する人権蹂躙です。
  すなわち、親子の引き離し行為は、人間の尊厳を犯す重大な犯罪です。


まずは当事者同士、知恵と勇気を振り絞って、少しずつでも状況の改善を目指しませんか。



* また、当事者にとどまらず、この問題(及び隣接する問題)に興味関心を寄せる人ならどなたでも歓迎いたします。


♡*゚¨゚・*:..。♡

ぴかぴか(新しい)特に、「会えない子どもたち」「会えない子どもだった人たち」を大歓迎いたします!

♡*゚¨゚・*:..。♡


* トピもご自由に立てちゃってください。



チャペル相談場面においては、下記の諸点にご留意下さい。

1、受容と傾聴(相手の「物語」を誠実に受け入れること)の構えを持つこと。

2、当コミュ内で語られる個人情報については取り扱いに注意すること。

3、具体的な助言行為を行なうこと、およびその助言をどのように受けとり活かすかについては、助言する側もされる側も、各自の責任に基づいて、行なって下さい。

* 当コミュ内において荒らし、及びそれに該当するような公序良俗に反する書き込みや行為などがあった場合にはトピの削除及びコミュへのアクセス禁止などの措置を取らせていただく場合がありますのでご了承下さい。




会則 (当コミュに参加される方は必ずお読みください)
http://wagakonokai.jimdo.com/%E5%BD%93%E4%BC%9A%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/%E4%BC%9A%E5%89%87/

会員参加届
http://wagakonokai.jimdo.com/%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B-%E5%8F%82%E5%8A%A0%E5%B8%8C%E6%9C%9B/



★ 我が子に会いたい親の会 公式ブログ ★
http://wagakonokai.blog31.fc2.com/blog-date-200908.html

★ 我が子に会いたい親の会 公式サイト ★
http://wagakonokai.jimdo.com/

★ 我が子に会いたい親の会(10周年記念ミーティング) ★
https://youtu.be/t2dsMun2rYk



関連サイト
★ ファーザーズ・ウエッブサイト
http://www.fatherswebsite.com

★ 離婚と子供
http://www.atomicweb.co.jp/~icuspringor/index.html

★ 厚生労働省:離婚に関する統計
http://www1.mhlw.go.jp/toukei/rikon_8/index.html

★ 「親による誘拐」 FBIによる指名手配
http://www.fbi.gov/wanted/parent/parent.htm


☆ 参考図書等

DV法濫用問題告発論文
「離婚における父子の引き離し問題と、そのカルト化事例としてのDV冤罪」
http://www7a.biglobe.ne.jp/~kspro/paper1.pdf

推薦図書:子どもの連れ去り問題-日本の司法が親子を引き裂く (平凡社新書)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582855768/hatena-hamazou-22/

NPO 法人 ウインク(2005):離婚家庭の面接交渉実態調査 ひつじ書房



 チャペル ゚・*:.。. .。.:*・゜  平安の祈り  ゚・*:.。. .。.:*・゜ チャペル

   
  神様。私にお与えください。

  自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを。

  変えられるものは、変えていく勇気を。

  そして、二つのものを見分ける賢さを。

  
  ゚・*:.。. .。.:*・゜  ゚・*:.。. .。.:*・゜  ゚・*:.。. .。.:*・゜



キーワード:
面接交渉、面会交流、共同親権、共同監護、親による誘拐、父子の引き離し、父子引き離し、カルト、拉致、家族破壊、司法、裁判所、悪徳弁護士、フェミニズム、フェミニスト、不登校、マターナルデプリベーション、愛着、児童虐待、人権侵害、父親の権利、子どもの権利、児童の権利、母子、ジェンダーフリー、ドメスティックバイオレンス、いじめ、臨床心理学、臨床心理士、カウンセリング、カウンセラー、モラルハラスメント、暴力、男女共同参画、家裁、家庭裁判所、調停、離婚訴訟、調査官、非監護親、非養育親、分離、分離不安、片親引き離し症候群、PAS、ビジテーションサービス、家庭修復、夫婦カウンセリング、夫婦療法、家族援助、児童相談所、アダルトチルドレン、AC、トラウマ、自助グループ、セルフヘルプグループ、SHG、セラピスト、セラピー、専門家、斎藤学、信田さよ子、サバイバー、心理臨床、家族療法、家族カウンセリング、相談員、相談、河合隼雄、ボーダーライン、境界例、親子の絆、仙台、宮城、名取、不二が丘小学校、宮城野、少年犯罪、被害者保護、自由法曹団、非親権親差別、人質弁護、親権、再統合 等

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 614人

もっと見る

開設日
2006年11月19日

3811日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!