mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > MSM-07Di Ze'GOK with L.W.C.

MSM-07Di Ze'GOK with L.W.C.

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年1月31日 01:53更新

遅くなりましたが、祝!BlueRay版発売!

機動戦士ガンダム MS Igloo 黙示録0079 第一話「ジャブロー上空に海原を見た」に登場する、MSM-07 Z'GOK(ゼーゴック)を改装した機体(及びシステム)のコミュです。
勿論、ヴェルナー・ホルバイン少尉大好きな方も是非w

以下、公式スペック及び説明。

Ze'GOK(MSM-07Di)
全長:27.3m 全幅:15.6m 全高:13.2m 全重量:212t
核融合炉出力:
2,453kW(ズゴックユニット)
4.680kW(ダイブマヌーバー・ユニットの熱核エンジン)
熱核ジェット最大推力:285,000kg
主兵装:腕部メガ粒子砲*1
腕の一つはセンサーアームに改装されている。
また、頭部ミサイル砲は発射口の形状は残っているが、機能は取り外されている。

L.W.C.(Logistics Weapon Container)
全長:73.7m 全幅:17.7m 全高:20.3m
最大積載加重(ペイロード):540〜670t

コンセプトと運用
 モビルダイバーシステムは、衛星軌道上から降下し、地上海上の敵に奇襲攻撃を行う事を目的とした特殊兵器システムである。機動管制ユニットと大量兵器コンテナとして使われるL.W.C.で構成されている。
 そもそもL.W.C.とは、大型の兵器や大量の物資を地上の望みの場所に送り届けるために活用されていた揚力コンテナだ。それ自体が揚力体構造を持ち、動力はないものの、大気圏降下中にある程度の降下路変更などができる。当初は大型兵器の地上投下のために用いられていたL.W.C.だが、後には衛星軌道上からの奇襲攻撃にも用いられるようになった。だが奇襲攻撃に関しては、動力を持たないため地上からの迎撃を回避する事ができないこともしばしばあった。
 そこでL.W.C.に高機動性能を与えるマヌーバー・ユニットと機動管制を行う新型モビルスーツを組み合わせることで、宇宙時代の新たな対地攻撃システムを目指したのが、モビルダイバーシステムである。
 しかし、戦況の急激な進展は、システムの完成に大きな影響を与えた。まず機動管制を行なうのは水中モビルスーツ、ズゴックを改造したゼーゴックとなり、試作タイプ(計9機建造)に搭載された。ズゴックが選ばれたのは、耐圧耐衝撃性能に優れ、各パーツの換装の自由度が高く、かつエンジンがハイブリッド熱核ジェット・エンジンを装備していたからだった。
 1年戦争末期、地球連邦軍は地上より宇宙へ多数の宇宙艦艇を打ち上げていた。急ごしらえのモビルダイバーシステムは、この打ち上げを阻止するために、実戦試験という名目で戦場に投入されたのだった。

第一兵装:マルチミサイルバス
第二兵装:R-1(アールアイン)
第三兵装:試作拡散ビーム砲「クーベルメ」

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 44人

もっと見る

開設日
2006年11月14日

3721日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!