mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 浮世どどいつ

浮世どどいつ

浮世どどいつ

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月13日 23:34更新

都々逸は、江戸時代の末に生まれた短編の流行歌で、
寄席やお座敷芸の小唄・端唄・常磐津などとともに人気がありました。
『都々逸』という粋で鯔背な江戸文化を、今様に楽しんでみましょう。

題材は「大人の色恋」や「男女の手練手管」を中心に、
「日常」「心象」「生活」をうたい、
江戸も明治も、平成の今も、男と女の心模様・恋の道には
少しも変わりがないのが実に面白い。

例えばこんな感じ。。。。。


♪ぬしと私は玉子の仲よ わたしゃ白身で きみを抱く
  
♪夢で戸叩く うつつで開ける そこで狐が コンと鳴く

♪恋に焦がれて鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす

♪酒の肴に新聞出され 見れば世間のアラばかり

♪もしもこのままこがれて死ねば こわくないよに化けて出る

♪親の意見となすびの花は 千に一つの無駄もない

♪雪の化粧はさらりとやめて 素肌自慢の夏の富士
   
♪惚れた数から振られた数を 引けば女房が残るだけ

♪君は吉野の千本桜 色香良けれど きが多い



[浮世都ゞいつ/幕末刊?]

うつゝこゝろで はしらにもたれ おきてゐながら ぬしの夢(梅ボリ語笑楽)

ゆきかさくらか とほ山どりの おまへはあらしの したごゝろ(梅ボリ喜三)

腹がたつなら わたしのからだ こゝろまかせに しやしやんせ(梅ボリとく女)



[藤詩選和解都々一/明治初期か]

せめてわたしの はんぶんほども おもつてくれれば うれしかろ

人のをしへた 道をばすてゝ こひのやまぢにふみまよふ

ぬしとそうにはもとよりかくご たとへ火のなか水のそこ

おやのいけんも ちつとはきゝな やがてやゝうみや おやとなる


題材・季節などで項目に分けてトピを立てる予定です。

また、あいさつ板として、雑談板として「浮世床」を設けました。お気軽に書き込みください。

★浮世床★
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=832740

お勉強に〜!
【解説】都々逸とは?
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=831794

よろしくどうぞ〜♪

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 870人

もっと見る

開設日
2005年4月16日

4256日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!