mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ファッション > ヘマタイト

ヘマタイト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月24日 06:11更新

ヘマタイトが好きな人。
ヘマタイトを収集してる人。
あの重さが堪らないと思っている人。
あの独特の金属光沢に見入ってしまう人。
ヘマタイトが自分の誕生石だと言い張る人。
電磁波やべぇ!と思ってる人(?)

よかったらご参加ください。

トピ立て等、ご自由にどうぞ。
(※管理人の判断により削除される場合があります)



出典*ウィキペディアより ↓

赤鉄鉱(せきてっこう、hematite・haematite)は、
酸化鉄(III)(Fe2O3)の鉱物である。
装飾品として加工されるときには、
しばしばブラックダイヤモンドとも呼ばれる。

赤鉄鉱はとてもありふれた鉱物で、
色は黒から銀灰色、茶色から赤茶色ないし赤色である。
主要な鉄鉱石として採掘されている。
同種のものには、血石、アイアンローズ、腎臓状赤鉄鉱、
マータイト、鏡鉄鉱、レインボーヘマタイト、およびチタノヘマタイトがある。
赤鉄鉱の形状は様々だが、どれも赤錆色の筋模様を持つ。

灰色の赤鉄鉱の層は、
流れていない水があったかまたは鉱泉だった場所に
多く見られる。この鉱物は水中で沈殿し、湖、
鉱泉やその他の流れていない水の底に
層をなして集積する。水がない場合でも、
火山活動の結果として生成することもある。

英語のヘマタイトという名は、
ベンガラ(赤鉄鉱の粉末化したもの)のように
しばしば鉱石が赤色であることから、
ギリシア語の「血」に由来している。

特に上質の赤鉄鉱はイングランド、メキシコ、ブラジル、
オーストラリア、および米国とカナダのスペリオル湖で採取される。

赤鉄鉱は反強磁性物質である。

検索:hematite 赤鉄鉱 守護宝石 Fe2O3

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 126人

もっと見る

開設日
2006年11月13日

3848日間運営

カテゴリ
ファッション
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!