mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > グルメ、お酒 > マヒマヒを愛する会。

マヒマヒを愛する会。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年11月5日 08:08更新

俺を食べて!そんなマヒマヒの気持ちを受け取ってあげよう。ただし奴はきっと手ごわい。

マヒマヒ(Coryphaena hippura)は和名をシイラと言いますが、これは動物の漂流死体に寄り添ったり、お盆のときに群れが来るなどの習性から、「シビトクライ」とか「死霊」と呼ばれ、これらのことばが変化してシイラとなったという説があります。あまりありがたくない名前ですね。八丈島ではトウヤクと言います。「十も百も」が由来です。他にもマンビキ(万匹)、クマビキ(九万匹)と言うように、数の多さを表す名前が付けられています。

 英名はドルフィン・フィッシュ(Dolphin Fish)。イルカのように船に寄り添って身軽に泳ぐ習性を表したものです。別名をドラド(dorado)とも言います。スペイン語で「黄金の」という意味がありますが、体色がコバルト色の斑点をつけた黄金色であることに由来します。ただし、釣り上げるとすぐに色は褪せてしまいます。ハワイ名のマヒマヒ(mahimahi)は「力強い」という意味の「mahi」に関係がありそうです。この魚を釣り上げるとき、あるいは釣ってからも、ひどく暴れるからです。ちなみにタヒチ、グァム、クック諸島でもマヒマヒと言い、ポリネシア語のマシマシ(masimasi)が語源です。

 マヒマヒは世界の熱帯と温帯の海で表層を回遊する魚です。体長は平均1.5mほどで大型のものはまれに2mを超えます。扁平で長い帯状の体をしており、頭が突き出た独特の形状をしています。ただし、頭部が発達するのはオスだけです。マヒマヒは海に漂うものに集まる習性があるので、漁をするときは漬漁法と言って、材木などを海に浮かべ、その下に集まったマヒマヒを巻き網で穫るという方法が取られます。マヒマヒは淡泊で弾力のある白身の魚で、わが国ではあまり人気がありませんが、ハワイではとてもポピュラーです。「マヒマヒ」のステーキといえば最上級の料理ですし、水分が多く柔らかい白身の肉は刺身としても人気があります。もっともポピュラーな食べ方はソテーでしょう。店によって味の差はありますが、ぱさぱさしていて淡泊だという印象は変えられることでしょう。

 トリビアをいくつか。現在は定かではありませんが、マクドナルドのフィレオフィッシュに使われているのはこのマヒマヒでした。また、最近、日本に広がっているクア・アイナの本店で、地元の人たちが好むハンバーガーもマヒマヒ・バーガーです。ちなみに、日本店のマヒマヒ・バーガーとは味も量もかなり異なります。
http://www.pacificresorts.com/より抜粋)

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 8人

もっと見る

開設日
2006年11月11日

3759日間運営

カテゴリ
グルメ、お酒
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!