mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 岡田啓介

岡田啓介

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月30日 06:38更新

どうも。復活しました。


岡田 啓介(おかだ けいすけ、慶応4年1月20日(1868年2月13日) - 昭和27年(1952年)10月17日)は、日本の軍人、政治家。海軍大将。第31代内閣総理大臣。

福井藩士 岡田喜藤太・はるの子として生まれる。旧制福井中学(のちの福井県立藤島高等学校)から共立学校(のちの開成高校)を経て海軍兵学校(第15期)を卒業。日清戦争・日露戦争に参加し、1923年には海軍次官、1924年連合艦隊司令長官、1932年には海軍大臣となる。ロンドン海軍軍縮会議の日本代表の一員として会議に臨みアメリカ・イギリスと条約締結、「軍拡による米英との戦争は避け、国力の充実に努めるべし」という主張を持っていた。日米開戦後は反東條英機内閣の立場に立ち、戦局悪化後には重臣として終戦工作にも奔走した。

元老西園寺公望の信任を得て、1934年に内閣総理大臣に任命され、組閣。一時、拓務大臣、逓信大臣も兼務。在任中に天皇機関説をめぐる国体明徴問題が起こり、岡田内閣倒閣を狙う陸軍の皇道派、箕田胸喜など平沼騏一郎周辺の国家主義勢力、立憲政友会などから攻撃される。

1936年の二・二六事件で襲撃を受ける。この際、岡田とたまたま容貌が似ていた義弟の松尾伝蔵予備役大佐が身代わりとなったが、娘婿で総理秘書官の迫水久常(大蔵官僚、後に参議院議員、経済企画庁長官、郵政大臣)の機転で岡田首相は難を逃れた。その際、当時師弟で内閣を構成していた大蔵大臣・高橋是清(開成高初代校長、第20代内閣総理大臣)は凶刃に倒れている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 37人

もっと見る

開設日
2006年11月11日

4052日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!