mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Y.A.A. / 横浜アナログ協会

Y.A.A. / 横浜アナログ協会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月11日 21:48更新

Y.A.A. / Yokohama Analogue Association

(in English statement is bottom of it.)

横浜発!
アナログシンセサイザーサウンドの魅力を色々な形で紹介し、探求し、深め、味わい、楽しもうという趣旨の協会です。

とはいえ、要はシンセに限らず、『アナログ』の質感とその魅力に魅せられ、知ってしまった人の集まりであり、興味を持っている人達の参加をお待ち申し上げます。横浜にいる、いないには関係ありませんが、横浜という場所を拠点とし、横浜らしい魅力ともリンクし、横浜の文化活動としても展開して行きたいと大志をいだいての発足です!
(発足:2006年)

●アナログシンセを前面にフィーチャーしたライブ、イベントを企画。

●アナログシンセ、システムを核としたユニット、バンドを紹介して行く、レーベル活動。

●アナログシンセの楽器として可能性、奏法とその本質とも言える音色のあらゆる角度からの探求。その成果の発表、出版、ワークショップ等の啓蒙活動。

などが現在の主な活動内容。まさに動き出そうとする所です、あなたの参加とご協力を切に願う所であります。
皆様のアイディアでどんどん形が変わって行くのも大有りですのでお気軽にどうぞ!



もちろん、シンセだけでなく、アナログ回路、構造、仕組みを基本にした音響装置にまつわる事は大きな枠として皆含まれますよね!真空管も素敵です!


余談、発足の背景(大げさですが)

「なぜアナログは安易に排除されていくのか?」


デジタル技術全盛の時代です。シンセサイザーをとってみてもヴァーチャルアナログ等と称し、高度に進化したメモリー技術、CPUパワーを背景にアナログの特徴を模倣した事実上のデジタルばかりで本当のアナログサウンドはなかなか身近なものとは言えなくなっています。時代の流れとしてもアナログシンセサイザーはデジタル以前の技術の時代の産物と思われがちですが単にそうではありません。その魅力はアナログシンセサイザーの部品や構造がデジタルに置き換えられた今になって再評価されています。過去に名機を数々発表して来た日本の代表的なメーカーでも大量生産と価格をおさえるために安易にデジタル化され発表されてきました。確かにその技術によ簡便性、高速処理能力にはデジタルにしか実現できない魅力があるのは良く理解され、特定のメディアでも詳しく紹介されています。しかし、世界的な視野でみると、日本で過去に発表されたアナログ技術の成果を模倣し、さらに深めようとする数々のアナログシンセサイザーのメーカーが存在し、今も日々開発が行われています。また、原点として知られている故Dr.Moog(モーグ博士/ムーグ博士)の発明としてもしられるモジュラーシンセサイザーの分野はデジタルの技術も交え更なる進化を遂げています。日本では数少ない会社がそうした機材、技術の紹介をしていますがもっともっと大きな視点で今一度、アナログ技術を積極的に見直していきたいと考えております。

また、アナログでしかできない、音色、質感、奏法、さらには音楽の構造自体までも存在します。

アナログレコードとCDに代表されるデジタルサウンドの比較も既知の物となっていますが、人間の脳、聴覚はデジタルサウンドに表現しきれないさらに精妙な周波数帯域を認識しています。アナログレコードにはそうした周波数も記録されていました。デジタルサウンドの技術の根底にあるサンプリング周波数も現在の最高峰オーディオ(まだまだ超高価)の分野ではアナログに近づき、追い越しそうな勢いですので、そうした技術が我々に身近になるころにはまた状況は変わってくるとも言われていますが。
事実上、アナログレコードを聴いた時、人間のリラックスした時に観られる脳波、アルファー波はデジタルのそれより多く発生しやすいという事実も確認されているのです。
デジタル技術は否定されるべきものではありません、素晴らしい面を多く我々に提供してくれています。そうした音響、技術の恩恵を大いに受けています。しかし、アナログ放送にしてもそうですが、そうまで安易にアナログを軽視し、カットしてしまうのは果たしていかがなものかと危惧してしまいます。人間にとってより自然な物、食品の添加物、素材にこそ近年、とても感心をもたれ始めていますが、身の回りのメーカー主導の安易な総デジタル化に抵抗を感じるのは私達だけでしょうか?

Y.A.A. MISSION STATEMENT:

Y.A.A., or Yokohama Analogue Association, is an association of like-minded individuals who want to convey the charm of real analogue sound and synthesisers to others. Our mission is to deepen people's enjoyment of analogue sound, whether it be with synthesisers, amps, turntables or studio and hi-fi equipment. We are looking to collaborate with others who feel the same way we do, whether musician, artist, DJ or producer.

You do not have to be from Yokohama to join us! It's just that we happened to begin our quest in Yokohama, and Yokohama has a certain charm which we feel can sometimes be lacking in Tokyo. We want to encourage and develop local talent, as well as taking our sound further afield.

We started in the autumn of 2006 with two live events featuring only analogue synthesisers, both of which were a great success. We also hope to do a lot more live events in the future.

As for musical style or genre barriers, we have NONE: Techno, Ambient, Hip-Hop, Reggae, Dub, Pop, Rock, Noise, Experimental or Avant-Garde - anything is OK, as long as it features mainly analogue instruments or production.

As well as live musical events, we also hope to hold workshops in the future featuring analogue modular synthesisers and programming techniques, and are interested in fixed installations and art gallery work too.

Our main aim is EDUCATION. We feel people brought up on a diet of Virtual Analogue (VA) synthesisers, DAW's, and poor quality CD's and mp3's, ought to have the chance to hear what real hi-fidelity analogue sound is capable of. We are fans of turntables, vacuum tubes and Class A amps ;)

One of our main questions is: "Why does analogue equipment seem to be becoming less common, even though the sound quality is obviously superior and more emotionally involving?"

We are now living in the age of DIGITITIS. People rant and rave about their "Virtual Analogue" synthesisers and the supposed quality of their mp3's and players.

We are NOT luddites, we are not against digital technology per se, but feel that the opportunities for NEW sound that digital offers us are not being fully investigated. Why make a "Virtual Analogue Synthesiser" when you can buy a "Real Analogue Synthesiser" that sounds better? Why don't companies focus on "Real Digital" instead, and come up with new synthesis techniques that are not capable of being produced on a traditional analogue instrument?

We feel the answer lies in mass production costs, hype, marketing, and electronic instrument companies riding the wave of "Retro" fashion.

Now is the time for analogue synthesis! There are currently more companies producing analogue modular synthesisers for a cheaper price than EVER BEFORE!!! Now is the time to re-evaluate the analogue sound!

Digital sound has a tendency to be cold, sterile and piercing, whereas analogue sound has a tendency to be warm, phat and involving.

Of course we may be sadly mistaken, and history and technology may prove us wrong, but we feel passionately that ANALOGUE SOUND is a strong spiritual force to be reckoned with!

If you feel the same way, or are interested in finding out more and hearing REAL ANALOGUE SOUND, then please join us!

Best wishes,

Y.A.A.

Yaa!!!

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 18人

もっと見る

開設日
2006年11月10日

4052日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!