mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > グルメ、お酒 > あひ鴨一品 鳥安

あひ鴨一品 鳥安

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年12月29日 21:51更新

合鴨料理の老舗・名店「鳥安」を愛する皆さま、
これから行ってみたい皆さまの
情報交換コミュニティです。
人数が集まったら「鳥安オフ会」も企画しましょう♪

「あひ鴨一品 鳥安」
住所:中央区東日本橋2-11-7
電話:03-3862-4008
営業時間:17時〜22時(日祝定休)

http://www.aigamotoriyasu.com/

http://r.gnavi.co.jp/g407400/

歴史:
1872年(明治5)10月創業。
佐竹藩士だった初代渡辺大助が、当時は両国広小路と呼ばれた現在の場所で
「あひ鴨料理一品」の看板を掲げた。
開店には、歌舞伎役者五代目尾上菊五郎の助言があった。
多くの文豪からもひいきにされ、
横光利一、谷崎潤一郎らが作品の中で描いている。

真鴨とアヒルを掛け合わせたのが「合鴨」

分厚く切った「ダキ」と呼ばれる皮付きの胸肉を
備長炭で熱々になった鉄鍋にのせると、
「じいじい」という音とともに、じんわりと合鴨の脂がしみ出してくる。

その秘密は黒い鉄鍋に。 かなりの厚み。
鍋の端には、卵を縦半分に切ったようなくぼみがある。
この穴は合鴨肉から出た余分な脂がここに落ちるので、べたつくことなく、ほどよく焼き上がる。
この鉄鍋、初代が考案したもの。
ネギ、春菊、ピーマン、シイタケといった野菜をここに入れておくと、揚げ鍋にもなるという具合。
合鴨の脂をまとった春菊は、独特の苦味が消える。
ロース、肝、ミンチと平らげた後、
いよいよ締めのご飯。
脂が染み込んだおろし醤油をご飯の上に。
これもまた、絶品。
シンプルな調理法だけに、素材が味を決める。
関東近郊で育てられた新鮮な合鴨を、代々変わらない仕入れ先から入れているという。
「そぎ切りではなく分厚く切るので、軟らかく食べてもらうには丁寧な仕上げをしなければなりません」
ご主人自ら調理場に立ち、包丁を握っている。

歌舞伎役者や文豪らに愛され続け、かつては程近い柳橋の花街から旦那衆が足しげく通ったという。
「あひ鴨一品」
これを金看板に百三十年余り、
創業からずっと変わらない。

メニュー:一品のみ

お通し、お吸い物、鳥わさ、合鴨のすき焼き、
香の物、ご飯、フルーツ。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2006年11月6日

3888日間運営

カテゴリ
グルメ、お酒
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!