mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 2PAC&NAS 『Thugz Mansion』 

2PAC&NAS 『Thugz Mansion』 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月24日 08:44更新

2Pacnの伝説の曲『Thugz Mansion』のアコースティックバージョン。feat Nas。


一度聴いてください。一生モンになるはずです★絶対聴いてください!!!!!!!
〔youtube〕
http://www.youtube.com/watch?v=WaurA3enDlI

〔google〕←こっちのほうがが画面が大きいですよ★
http://video.google.com/videoplay?docid=-5094489686444412938&q=Thugz+Mansion


2PACだけの元の『Thugz Mansion』
http://www.youtube.com/watch?v=afX1ZN2kmEE


2pac - 『Thugz Mansion 』(Rafi RM Remix)
http://www.youtube.com/watch?v=VXZu0w-b50E


Nasのドイツでのライブ映像『Thugz Mansion』アコースティックバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=VP_LsEchIRs


『Thugz Mansion』(remix)に沿って2PACDiscographyが流れます。
http://www.youtube.com/watch?v=wHH3eFgEKsU



【サグズマシテ】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=12253550&comm_id=1501774腹筋腹筋



【2PAC】プロフ
1971年6月16日、NYのハーレム生まれ。本名のトゥパック・アマル・シャクールは16世紀最後のインカ皇帝の名から取られたもの。
 高校を中退したあと、単身ベイエリアでドラッグ・ディーラーに。ホームレス生活を続けながら、“MCニューヨーク”という名前で活動開始。その後、同地の大型ラップ・グループ、デジタル・アンダーグラウンドに加入。その活動と並行して、91年の11月には初ソロ作「2PACALYPSE NOW」をリリース。92年になると、1月に公開された彼の映画初出演作「ジュース」が大ヒットし、この時点で彼は完全に独り立ちする。93年に彼はソロ第2作「STRICTLY 4 MY N.I.G.G.A.Z」を大ヒットとさせ、名実共にナンバー・ワン・ラッパーに。映画出演ではジャネット・ジャクソンの相手役を務めた「ポエティック・ジャスティス」で名声を高めるが、数々の事件、不祥事でラップ界最大の問題児として扱われるようにもなる。そんな中、94年には映画「ビート・オブ・ダンク(原題:ABOVE THE RIM)」に出演、また彼が率いるグループ、サグ・ライフの「VOLUME 1」が大ヒット。94年11月30日にタイムズ・スクエアのスタジオの外で何者かによって5発もの銃弾を浴びるが、一命は取り留める。この犯人はショーン・パフィ・コムズ、ノトーリアスBIGではないかと勘ぐったパックとノトーリアスBIGとの関係はこれを境に悪化。
 95年2月にレイプの罪状で4年6ヶ月の刑期を言い渡され、刑務所に入る。その間に3作目「ME AGAINST THE WORLD」が発売、彼にとって初のナンバー1ヒットになる。
 その頃にライカーズ・アイランドの刑務所でニコロ・マキャベリ(15世紀イタリアの政治家)の”君主論”などの書物を読み、更生することを決意。しかし、彼は面会に頻繁にやって来ていたデス・ロウ・レコードのシュグ・ナイトの熱意でデス・ロウ入りを決意。シュグが140万ドルの保釈金を用意、パックは服役9ヶ月で出所、デス・ロウとの契約に踏み切る。96年2月デス・ロウからCD2枚組の「ALL EYEZ ON ME」をリリース、これはポップ・チャートでもナンバー1を獲得。
 デス・ロウ時代には「グリッドロックド」「ギャングシティ(原題:GANG RELATED)」といった映画にも出演、まさに人気はピークを迎えていた。
 そんな中、パックはデス・ロウ VS バッド・ボーイを中心とした東西ラップ抗争に関わり、激化。
最終的にはバッド・ボーイ側から歩み寄られてこの抗争も終息したように思われた。
 その頃パックは“MAKAVELI”として最新作のレコーディングを行っていたが、9月7日に友人でマイク・タイソンの試合を観るためにラスヴェガスを訪れる。
この時、シュグ・ナイトと乗っていた車が銃撃され、シュグ軽症で済んだものの、パックは深刻で、すぐにユニヴァーシティ・メディカル・センターに運ばれる(この銃撃が何故起きたのかはよく分かっていないが、ギャング間の抗争とも、ヒップホップ東西抗争の挙句とも言われている)。

9月13日午後4時3分、結局被弾したことが原因でパックは25歳の生涯に幕を閉じる。


【NAS】プロフ
NYはクィーンズ。クィーンズ・ボロ・ブリッジの下に建つQBプロジェクト出身のNAS(本名NASIR BIN OLU DARA JONES)は1994年に、ナリモノ入りでHIP HOPシーンにソロ・アルバムILLMATICを発表し、デビューを飾った。幼少の頃から、地元のストリートの至る所で行われていたラップ・バトルに参加し、その類い稀なフリー・スタイル・ライムの技術で、周囲から一目置かれる存在だった。その後彼は、地元クィーンズに止まらず、NY中のストリートのラップ・バトルを見つけては参加し、圧倒的な技量を見せつけ文字通りのストリート・チャンプとなっていた。このストリートの噂と才能は、間もなく、MAIN SOURCEのラージ・プロフェッサーに見いだされ1991年にMAIN SOURCEのアルバム"BREAKENG ATOMS"からのシングル"LIVE AT THE BARBEQUE"に参加。


 1992年には当時3rdベースとして活躍中だったMCサーチのソロ・アルバムからのシングル"BACK TO THE GRILL"に参加し、ナズ(当時ナスティー・ナズと名乗っていた)は、その名を広く認知されていった。ナズの事実上のソロ・デビューとなったのが1993年に発売されたサントラ[zeblahead]の中に納められ、その後自身のファースト・アルバムにも収録された
"HALF TIME"であった。

 1994年に満を持して発売されたナズのデビュー・アルバム"ILLMATIC"にはDJプレミア、ピート・ロック、Qティップ、ラージ・プロフェッサー等の、当時NYを代表するそうそうたるHIP HOPシーンの重鎮達が挙って参加し、東海岸のHIP HOPシーンを挙げて(当時西海岸のギャングスター・ラップG-ファンクの全盛期だった)NYからの新たなHIP HOPスターの誕生のお膳立てをした。ナズ20歳の時であった。このアルバムは当時のHIP HOPシーンで相当の話題となりビルボード誌はこのアルバムをゴールド・ディスクに認定、米SOURCEマガジンはこの年の代表作として、NASの"ILLMATIC"を選出した。当時HIP HOPの人気が大きくなりつつあった日本でもこのアルバムは、ストリート(クラブ・シーン)で大変な話題となり、輸入盤の発売初日にはタワー・レコードで在庫切れになるなど、周囲の予測をはるかに上回る状況となった。また、この年各音楽専門誌の話題をさらい1994年の年間ベスト・アルバムに数多く選ばれる程の話題となっり、HIP HOPを普段語らない音楽評論家の先生方が「ナズはイイね」と口々に語り出すという現象までも起こさせたのである。



1996年に発表されたナズの2ndアルバム"IT WAS WRITTEN"はさらなる話題&ヒットとなった。アルバムに先駆けてリリースされたシングル"IF I RULED THE WORLD"は、何とあの、ローリン・ヒルをフィーチャーしたPOPなダンス・ビートとも言える新しいナズの世界を展開していた。ローリンのコーラスから始まるこの曲はそれまでのナズのアンダーグラウンドなダウンなノリとはちょっと違ったテイストで、日本でもクラブ等で大ヒットとなった。このアルバムは見事全米初登場NO.1を獲得し、NASはそれまでのアンダーグラウンド・シーンでのイメージを保ったままメイン・ストリームでの地位を確立したのである。

 1999年4月ここに発表されるナズのニュー・アルバムからのファースト・ストリート・シングルである。NAS IS LIKEは既に日本のクラブでも連日連夜のヘヴィー・ローテーションとなっており、うちから配布したアナログ・サンプルは取り合い状態で、ストリート・シーンからの期待度も最高潮となっている。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 212人

もっと見る

開設日
2006年11月1日

4042日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!