mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Rudimentary Peni

Rudimentary Peni

Rudimentary Peni

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Rudimentary Peniが好きな人〜

ルーディメンタリー・ペナイ。日本語訳をすると"未発達のペニス"となる。この意味深長で象徴的なネーミングそのままの異彩を放ち続ける、英国のパンク・バンドだ。
結成は80年前後と思われる。81年にレコーディングしたEP『Rudimentary Peni』を出したあと、82年には<CRASS>からEP『Farce』をリリース。CRASSのペニー・リンボーが共同プロデュースしたこのレコードで、ルーディメンタリー・ペナイの評判は高まった。そして翌年、<CORPUS CHRISTI>から1stアルバム『Death Church』を発表し、シーンに衝撃を与えた。
70年代のパンク・ロックとは明らかに違うが、かといってハードコア・パンクの典型のように速いわけでもない。ミッド・テンポで進む神経症的なダーク・サイキック・サウンドなのだ。また歌詞からは、政治や社会との対峙ゆえに蝕んだ精神的な病みも感じさせる。神経質なまでに精緻な筆致のアートワークも担当するヴォーカル/ギターのニック・ブリンコは、パンク/ハードコア史上屈指の内向的キャラクターともいえる。とにかく、一度彼らの作品に接したら忘れることはない。
ルーディメンタリー・ペナイはシーンがどうあろうと、以降もまったくのマイ・ペースで数年に1枚、<OUTER HIMALAYAN>から作品をリリースしつづけている。発表してきた『Cacophony』『Pope Adrian 37th Psychristiatric』を聴くと、マイナー・チェンジはあれど基本ラインの不変さに驚く。そして01年にはEP『The Underclass』をリリース。衰えぬ緊張感に、身震いするのだ。
たとえば、ニューロシスの1stアルバムのジャケットの線描はルーディメンタリー・ペナイを思わせる。昔からUKハードコア/アナーキスト・パンクに入れ込んでいたリー・ドリアン率いるカテドラルには、ルーディメンタリー・ペナイから触発された歌詞もある。影響力は少なくない。

オフィシャル
http://www.southern.com/southern/band/RPENI/

最新情報

トピック

03月26日
SONGS
10月17日
Peni Live 1992
08月26日
はじめましてー。
07月06日
Haunted Head
06月13日
新譜
開設日
2005年04月11日
(運営期間4186日)
カテゴリ
音楽
メンバー数
114人
関連ワード