mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 稀一(きいち)と唄おう!

稀一(きいち)と唄おう!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年9月1日 14:11更新

由布院産シンガーソングライター
「稀一(冨永希一)」のコミュニティです。

このコミュ二ティでは
 ※稀一のLIVE情報
 ※稀一の新曲情報
 ※稀一LIVEの感想や要望
 ※稀一の活動日記
 
などを掲載しながら皆様で自由に議論、交流して
頂ければと思います。

是非一緒に由布院を唄いましょう。

稀一の出演依頼、全てのお問い合わせは
大分県 由布市 湯布院町 川南 848番地
有限会社いよとみ荘 内 キイチ企画 冨永希一まで
TEL 0977−84−2007

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

稀一とは

1974年 大分県湯布院町生まれ

10歳より「豊の国ゆふいん源流太鼓」のメンバーとして活動。国内、海外を通して年間200公演を行う。
また、太鼓だけでなく津軽三味線、篠笛を嗜む。

別府市立別府商業高等学校時代にバンド活動を始める。
ザ・ブラスターのボーカル&ハーモニカとして活動。

21歳の時に長渕剛に憧れてアコースティックギターを
購入して始める。しかしコピーはせずいきなりオリジナル曲を書き始める。空想の森美術館で働いていた高見俊之と「テキーラサンライズ」を結成し演奏活動をスタート。

23歳でソロとなり由布院内外のイベントやLIVEハウスにて演奏。また自分で経営していた「BAR歌似場留」にて
2ヶ月に1度の「ゆふいんアコギLIVE」を開催する。
当時、風太郎&ダダチャイルドやボ・ガンボスを解散したばかりの「どんと」、山川のりおによるギターパンダ、元ゼルダの小嶋ちさほ率いるアマナ、沖縄のデュオやちむん、サヨコ・長見順・岡地明裕によるエイプなど
そうそうたるメンバーが参加をしてくれていました。

24歳のときに両親が死去。それに伴い「源流太鼓」を
脱退し、家業である「ゆふいん湯の宿いよとみ荘」の
4代目主人となる。

由布院温泉観光協会の若手の活動が活発となり始めて
「由布院」の素晴らしさ、温かさ、優しさを実感しまちづくり活動に目覚める。積極的にボランティアやイベントの企画、町づくりに携わるようになる。

その後も曲を書き続けゆっくりと音楽活動を続ける。
主に結婚式やささやかなLIVEに出現。

2006年2月。久しぶりに「風太郎」と由布院にてLIVEを
開催。一気に音のウネリが由布院の若者の中に走り抜ける。その後精力的にLIVE活動を展開。

現在ファーストアルバムを自宅にて製作中。
アコギ、ジャンベ、ハーモニカ、そして唄のみのシンプルな構成で2007年1月発売予定。

みなさん、稀一と一緒になって「由布院」の未来、「日本」の未来が笑顔で過ごせるように楽しい時間を過ごしましょう。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 29人

もっと見る

開設日
2006年10月28日

4014日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!