mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > JEAN SEBERG

JEAN SEBERG

JEAN SEBERG

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『悲しみよこんにちは』の主人公の名をとった「セシルカット」はあまりにも有名。
『勝手にしやがれ』など映画に主演。
しかし失踪事件を起こし変死体になって発見されるなどスキャンダラスな一面も。

ジーン・セバーグ(Jean Seberg,1938年11月13日 - 1979年9月8日)はアメリカ合衆国アイオワ州出身の女優である。

映画監督のオットー・プレミンジャーに見出され、17歳のときに「聖女ジャンヌ・ダーク(Saint Joan)」でデビュー。1957年の「悲しみよこんにちは」に出演。彼女のベリーショートは「セシルカット」として流行した。1959年にはジャン・リュック・ゴダールの初監督作品「勝手にしやがれ」に主演。ヌーヴェルヴァーグの寵児となる。その後、アメリカやフランスで30本以上の映画に出演したが、ヒット作には恵まれなかった。

プライベートでは公民権運動や反戦運動に傾倒し、全国有色人向上協会‎やブラック・パンサーをサポートしたためFBIからマークされてしまう。特に1970年、彼女の妊娠中に、お腹の子は彼女の夫との子供ではなく、ブラック・パンサーの幹部との子供であるといううわさを流された。セバーグは結局流産してしまうが、父親についてのうわさを否定しようと記者会見で流産した胎児の写真を自ら公表する。胎児にはアフリカ系の特徴は見られなかったが、セバーグが精神面でバランスを崩し始めていることは誰の目にも明らかだった。その後は深刻なうつ病に悩まされたという。

1979年の8月に失踪し、11日後にパリ郊外に駐められた車の中から遺体で発見された。アルコールとバルビツールによる自殺であると見られており、手にしていた遺書には『許してください。もう私の神経は耐えられません』と書かれていた。

セバーグは現在、パリのモンマルトル墓地に埋葬されている


検索用*
ジーンセバーグ、ジーンセバーグ、ジーン・セバーグ、ジーン・セバーグ、jean seberg、JEAN SEBERG、Jean Seberg、じーんせばーぐ、悲しみよこんにちは、フランソワーズ・サガン、セシルカット、勝手にしやがれ、A Bout de Souffle 

開設日
2004年07月08日
(運営期間4467日)
カテゴリ
映画
メンバー数
960人
関連ワード