mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 渡辺二郎

渡辺二郎

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月17日 20:55更新

無いので、作っちゃいました。
WBA&WBCの事実上の統一Jr.バンタム級チャンピオン、渡辺二郎です。
私は、1985年大学入学とともに、ボクシングを始めたのですが、日本チャンピオン(勝間和雄)との力の差は、歴然としてましたし、海外防衛など、非常にチャレンジングなチャンピオンに見えました。
追手門大学の日本拳法部のキャプテンで、他のボクサーに比べると、若干ですが、アカデミックな香りもしましたし。
そうなだけに、引退後が非常に残念です。

一応、ウィキペディアの紹介文も添付します。

===============

渡辺二郎
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渡辺 二郎(わたなべ じろう、1955年3月16日 - )は大阪府出身の元プロボクサー(大阪帝拳所属)である。WBC・WBA世界ジュニア・バンタム級統一チャンピオンとして活躍した。追手門学院大学文学部英文学科卒業。サウスポーのボクサータイプ(構えは左だが右利きである)。大学時代は日本拳法部で活躍し、大学卒業後にボクシングを始めた。


[編集] プロボクサーとしての経歴
1979年3月、プロデビュー。
1980年2月、後のWBC世界フライ級王者・小林光二を1回KOに降し、全日本フライ級新人王に。
1981年4月、世界初挑戦。敵地でWBCジュニア・バンタム級王者・金 搶(韓国)に挑むが、15回判定で敗れる。
1982年4月8日、2度目の世界挑戦。ラファエル・ペドロサ(パナマ)を15回判定に降し、WBAジュニア・バンタム級王座獲得。
6度防衛成功後の、1984年7月5日、WBC同階級王者のパヤオ・プーンタラット(タイ)との統一戦。しかし、WBAは統一戦の開催を認めず、渡辺から王座を剥奪。しかしながら、渡辺が12回判定勝ちし、事実上の世界ジュニア・バンタム級の統一王者に輝いた(WBAと帝拳ジムとの交渉で、リングに上がった瞬間に即剥奪はされず、試合終了後に剥奪という処分がなされている為、ほんの僅かではあるが、WBA・WBCの統一王座という記録は残る事になる)。その後、WBC王者として4度の防衛に成功(この間に達成した世界タイトルマッチ12連勝は、日本では具志堅用高の14連勝に次ぐ数字である)。1985年12月の4度目の防衛戦では韓国に渡り、地元の尹 石煥を相手に5回KO勝ち。日本人世界王者として初の海外での世界王座防衛を果たした。
1986年3月30日、5度目の防衛戦でヒルベルト・ローマン(メキシコ)に12回判定負けを喫し、遂に世界王座陥落。
1991年11月8日、現役引退を発表。生涯戦績は28戦26勝(18KO)2敗(うち世界戦14戦12勝(8KO)2敗)。現在でも具志堅と並び、日本ボクシング史上最強の選手の一人と言われている。

[編集] 引退後
引退後は解説者、実業家として積極的な活動をし、「オールスター感謝祭」の常連出場者としてボクサーファン以外にも名が知れ渡っていたが、1999年に殺人事件を起こした犯人に拳銃を譲り渡したとして銃刀法違反で逮捕。実刑判決を受け服役し、2004年に出所。現在はタレント業に専念し、つい最近では亀田興毅のボクシングの試合についてコメントを出した。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 99人

もっと見る

開設日
2006年10月24日

3950日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!