mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 迷宮としての世界

迷宮としての世界

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年9月16日 04:23更新

グスタフ・ルネ・ホッケ (Gustav Rene Hocke)。
ホッケ教信者の会(笑)


『迷宮としての世界』
種村季弘・矢川澄子 訳(1966, 美術出版社)
(Gustav Rene Hocke : Due Weltals Labyrinth−Manieindereuropaschen Kunst 1957)


『文学におけるマニエリスム? 言語錬金術ならびに秘教的組み合わせ術』
グスタフ・ルネ・ホッケ 著
種村季弘 訳(1971, 現代思潮社)


詳しい本の紹介とかは、
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1012.html
などを見てね(手抜き)。



キーワード:
モンス・デジデリオ (Monsu Desiderio)、マニエラ、マニエリスム、高山宏、グスタフルネホッケ

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 45人

もっと見る

開設日
2006年10月23日

4068日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!