mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > ヘドラ

ヘドラ

ヘドラ

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公害怪獣 ヘドラ
身長60m  体重4万8000t
出身地・・・・・宇宙
得意技・・・・・全身から吹き出す硫酸ミスト、猛毒ヘドロ弾、眼球上部より発するヘドリューム光線

ヘドラは、1971年に公開された日本映画『ゴジラ対へドラ』に登場する架空の怪獣。命名者は海洋生物学者、矢野博士の息子である研少年(川瀬裕之)。

宇宙より飛来したと思われる鉱物起源の生命体が、都市近海に堆積していたヘドロなどの公害物質と結合し成長。その体は乾燥してしまうとボロボロに崩れてしまうが、水分が補給されるとその破片一つ一つがオタマジャクシ様の生物に実体化。それらは合体して更に大きな体を形作る。成長するにしたがって上陸用に足が生え、更に二足歩行化、最終的には飛行能力や光線発射能力まで身に付けゴジラを苦しめた。

ヘドラが通った後には硫酸ミストが蔓延し、金属は錆び人間は骨となった。ヘドロや工場排気を吸い込んで取り込み、一時的に環境を改善してくれているように見えたが、結局はその汚染物質を他の地域へ広くバラまく結果となった。公害問題が工業地帯など限られた地域に犠牲を強いているという批判をも体現している。

開設日
2005年04月05日
(運営期間4197日)
カテゴリ
映画
メンバー数
525人
関連ワード