mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > エルンスト・フォン・ザロモン

エルンスト・フォン・ザロモン

エルンスト・フォン・ザロモン

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年4月15日 22:58更新

Ernst von Salomon(1902年9月25日-1972年8月9日)
ドイツの作家。ヴァイマール(ワイマール)時代の極右の地下軍事組織の「コンスル(執政官)」に属し、ヴァルター・ラーテナウ暗殺の関係者の一人となる。
ヴァイマール時代をとりあげた歴史書では、しばしば彼の名前や著作は、時代の象徴的表現として引用されることが多く、また「プロイセン的アナキスト」と形容されたりする。


軍人の子としてキールに生まれ、1913年以降、カールスルーエとベルリンのリヒターフェルデの陸軍幼年学校生(カデット)となる。 第一次大戦が終わった次の年の1919年にフライコール(義勇軍)のエアハルト旅団に入隊し、バルト三国地域とオーバー・シュレジェンで共産主義と戦う。バルト地方での戦いでは、後にナチス突撃隊員になり、ルール地方を占領したフランス軍に対するレジスタンス闘争でフランス占領軍に銃殺されたアルベルト・レオ・シュラゲターと同じ部隊に属した。

1920年3月13日、エアハルト旅団は首都ベルリンを制圧する(カップ一揆)が、3月17日、一揆は敗れ、部隊はベルリンから撤退し、解散させられる。ザロモンは半ばインチキに近い金融関係の闇商売で食いつなぐ。エアハルト旅団以外の他のフライコールも同じような状態にあり、多くの部隊の中枢は地下に潜り、非合法の武装組織へと変貌していく。オーバーシュレジェン地方の「アンナベルクの丘の戦い」の後、エアハルト旅団もまた、「コンスル(執政官)組織」と呼ばれる非合法の地下組織となる。

そのコンスルが実行した外相ヴァルター・ラーテナウの暗殺に19歳のザロモンは関係した。実行部隊のリーダー格のエルヴィン・ケルンは24歳、もう一人のハルトムート・プラースは21歳だった。見張り役だったザロモンはこの件で5年の禁固刑となる。この時の体験をもとに著した自伝的小説『追放された者たち(Die Geächteten)』がザロモンの作家としての第一歩となった。
コンスルは、「真の第三帝国」の立場からナチスを「ドイツ民族の敵」と批判していたが、その影響からザロモンもまたヒトラーには同意出来ず、エルンスト・ユンガーと交流。コンスルの仲間のフリードリヒ・ヴィルヘルム・ハインツはドイツ国防軍防諜部の士官となり反ナチ活動を展開するが、ザロモンは、ナチス時代はウーファのシナリオ作家となり、ドイツの敗戦を迎える。ナチスには同意しなかったが、極右の経歴から敗戦から翌年までアメリカ軍に逮捕され拘束された。

敗戦後、ドイツ国民はナチスとの関係を明らかにすることを連合軍当局から求められたが、それを皮肉りながら回答する形式でザロモンは『身上調書(Der Fragebogen)』と題した自伝的作品を1951年に発表。この作品は、戦後ドイツ最初のベストセラーとなり、現在でも版を重ねている。 戦後もシナリオ作家としての活動も続けており、ハンス・ヘルムート・キルスト原作のドイツ陸軍の歩兵の戦前、戦線、敗戦を描いたパウル・マイ監督の映画『08/15』三部作の脚本を担当している。晩年は原爆禁止運動に関係し、広島を訪れている。

関連コミュ
●エルンスト・ユンガーの時代
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1441107

●右翼エアハルト旅団 対 ナチス
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1536154

●アルミン・モーラーと保守革命
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1452160

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 30人

もっと見る

開設日
2006年10月18日

3707日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!