mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > なんかチカチカ

なんかチカチカ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月23日 01:03更新

別に意味はない。

たまにコミュニティ一覧とかで見かけて、
チカチカするな、このやろう(´∀`)
という感じになります。


ある意味ビジュアル系コミュ(笑)



実質的あいさつor自己紹介トピックはこちら → http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=11353365&comm_id=1429935




○チカチカつながり

ポケモンショック:
1997年12月16日にテレビ東京系列で放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター』(ポケモン)を視聴した視聴者が、光過敏性発作などを引き起こして病院に搬送された放送事故である。「ポケモンショック」の名称は俗称で他にも「ポリゴン事件」「ポケモン騒動」「ポケモンフラッシュ」「パカパカ」などと呼ばれる。

ウルトラマンの変身時間:
ウルトラマンの地球上での活動時間は設定上は3分間であり、その限界は胸のカラータイマーによって示される。変身してから2分10秒経つと、カラータイマーの光が青から赤に変わり、音とともに点滅する。3分経つとウルトラマンはエネルギーを使い果たし、二度と再び立ち上がることが出来なくなってしまう。ただし、映像作品中では具体的な制限時間は述べられていない。「3分間」がナレーションで明言されるのは『帰ってきたウルトラマン』の第1話においてである。
当初のデザインではカラータイマーは存在しておらず、カラータイマーと変身時間の制限は、撮影費用のかかる特撮部分の経費削減のため、およびウルトラマンが完全無欠のヒーローでありすぎると話に面白みが欠けるので、子供にも判りやすい弱点を作ろうということで導入されたといわれている。
カラータイマーは、デザイン上の要請とは無関係に考案されたものであり、デザイン担当の成田亨はこれを嫌い、自身が作成したウルトラマンの絵画や塑像にはカラータイマーをつけていない。しかし、劇中であまりにも印象的であったので、ウルトラマンに不可欠なデザイン上の特徴として以後のウルトラシリーズに継承されるのみならず、他の類似作品にまで大きな影響を与えた。なお、カラータイマーの点滅については、当時主流であった白黒テレビを考慮しての面が大きい。

点灯管:
点灯管方式の蛍光灯を点灯させる放電管。 別名、グローランプ(glow lamp)、グロースターター。ラピッドスターター式やインバーター式のものは点灯管を使わない。


2006/11/25:コミュ参加人数50人突破(笑)
2006/11/28:コミュ参加人数100人突破(笑)

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 135人

もっと見る

開設日
2006年10月13日

3750日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!