mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > JAC SAAB340B

JAC SAAB340B

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月8日 05:12更新

JACのSAAB340Bの歴史

日本エアコミューターは運用開始当初から使用してきたドルニエ228と旧JASからの移管により運航を始めたYS−11の後継機として1990年3月30日にスウェーデン製のターボプロップ機、SAAB340Bを投入した。
最初の発注は8機、オプション4機で発注の主体はJASだったが運航はJACの手により行われることになった。
SAAB340Bはドルニエ228の約2倍、YS−11の約半分という当時のJACフリートの中間に位置する36席のキャパシティをもつ。
同社のSAAB340はパワーアップ型のエンジンを装備した高温&高地運用モデルのB型で主に鹿児島と離島を結ぶ路線での運用を想定したJACに適した機材であった。
初号機は92年2月6日に受領し3月3日に鹿児島へ到着した。
ラインデビューは同年10月1日の鹿児島〜大分線で以降JASが運行していたYS−11路線に次々と就航していった。
95年9月30日にドルニエ228が全機撤退するとSAAB340Bは当初から想定されていた奄美諸島路線に就航し、また伊丹〜種子島線や伊丹〜屋久島線の長距離線などYS−11の後継、あるいはYSを補完するするようなポジションで運用が行われた。
JJ統合後は順次新生JALカラーに準じた塗装に変更が行われて、現在も99年に完成した11機体制でDHC−8 Q400とともに二人三脚でJACのネットワークを支えている。

ちなみに、HAC(北海道エアシステム)のSAAB340Bとの違いは厳密にいえば型式が異なる。
HACのSAAB340は基本構造やシステム、コクピット、客室仕様は同じだながら翼端が左右でそれぞれ60cm、両翼合わせて1、2m広げて失速速度を低下させた空力改善モデルのSAAB340B−WT(WTとはウイング・チップの略)である。
このほかプロペラブレーキを備えて第2エンジンのプロペラを止めたままエンジンに電源を供給出来るようになっていることも特徴のひとつ。

SAAB340B主要スペック
全幅:21、3m
全長:19、7m
全高: 7、0m
最大離陸重量:12、9t
最大着陸重量:12、7t
巡航速度:504km/h
航続距離:1,810km
エンジン:GE CT7−9B
エンジン出力:1,870SHP×2
座席数:36席


国籍及び登録記号 製造番号 製造年月日
JA8886        340B-281 1991.12.09
JA8887        340B-308 1992.06.23
JA8888        340B-331 1992.12.29
JA8703        340B-355 1993.12.02
JA8704        340B-361 1994.03.17
JA8642        340B-365 1994.11.16
JA8649        340B-368 1995.05.18
JA8900        340B-378 1995.11.14
JA8594        340B-399 1996.06.03
JA001C        340B-419 1997.05.13
JA002C        340B-459 1999.05.12


17空港に就航しています。(2007年4月〜6月ダイヤ)


大阪 コウノトリ但馬 岡山 広島西 出雲 隠岐
徳島 高松 松山 福岡 宮崎 鹿児島
喜界島 奄美大島 徳之島 沖永良部 与論


…とまぁ、SAAB340Bがお好きなあなたexclamation ×2
実際に空港で携わっている方や、ただ知識は無いけれど空港に行くとつい気になって見てしまう方等大歓迎です指でOK
気軽にご参加下さい手(チョキ)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 33人

もっと見る

開設日
2006年10月13日

3848日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!