mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 日本サッカーの歴史

日本サッカーの歴史

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月7日 18:39更新

釜本邦茂、木村和司、カズなど、サッカー日本代表発展の歴史を語ろう!

勝てば「奇跡」と言われたサッカー弱小国・日本
「アジアの王者」と世界に認知されるまでに!
1930年に極東選手権で中国と同位優勝を飾り、サッカーで初の国際タイトルを獲得した日本代表。しかし36年のベルリン五輪でのスウェーデン戦のように、世界の強豪国に勝っても「奇跡」と言われ続けた。そんな屈辱を晴らすべく、釜本邦茂、木村和司、三浦知良らが奮闘!日本は着実にレベルアップをしていき、アジア王者に輝いたりワールドカップ3大会連続出場を決めるなどして、世界の評価は激変した。今では海外のリーグで活躍する日本人選手の姿は珍しくないほどになっている。サッカー後進国から世界の強豪国へ。06年ドイツ大会では、勝ち点1で予選敗退を喫したものの、サッカー日本代表の挑戦は、まだまだ続く!
68年五輪で第3位入賞し、世界を驚かせた

93年Jリーグ開幕がサッカーレベル向上の起爆剤に

世界をあっと言わせた!五輪初の出場で
強豪・スウェーデンに奇跡の大逆転
日本代表が五輪に初出場したベルリン大会。その初戦で優勝候補スウェーデンと対戦した日本は、序盤から体格や技術などすべての面で圧倒されて、前半に2点を献上…。しかし後半、日本が逆襲!49分、62分にゴールを決め、終了5分前に逆転ゴール!スウェーデンを撃破したこの一戦は「ベルリンの奇跡」と呼ばれているが、ホント奇跡。

釜本のスーパーゴールで
日本サッカー史に燦然と輝く大記録樹立!
日本史上最高のストライカーと言われる、釜本邦茂。この稀代の点取り屋が大爆発したのが、メキシコ五輪だ。決勝トーナメントに駒を進めた日本代表は、準々決勝のフランス戦で釜本の“右45度”シュートが火を噴き3−1で快勝。3位決定戦でも釜本が2得点を挙げる活躍で地元メキシコを粉砕!日本に国際大会初のメダルをもたらした。
釜本は大会通算7ゴールで得点王も獲得!

木村は蹴る前、「少し遠いと思った」という
木村和司の40メートルFKが炸裂するも
韓国に敗れ、ワールドカップ予選突破ならず…
かつて 「日本が最もワールドカップに近づいた日」と言われた85年メキシコ大会アジア予選、韓国戦。日本が勝てば初の本大会出場というこの大一番に、国立競技場は6万人以上の観衆で初の超満員を記録した。試合は日本が2点をリードされた43分、木村和司がゴール前40メートル付近からFK!ゴール左隅に突き刺さった!

地元開催のアジアカップで
日本代表、初のアジアNo.1の座に輝く!
日本サッカー新時代のスタート。この言葉が最もふさわしいのが92年のアジアカップだ!カズやラモス瑠偉らスタープレーヤーを擁した日本代表は、決勝トーナメントで持ち味の組織力が全開!決勝では3連覇をねらう強敵サウジアラビアを相手に、大会MVPを獲得した高木琢也のゴールで1−0の勝利。悲願のアジアカップ優勝を飾った。

日本中が熱狂し、悲しみに涙した!
敗戦よりもつらかった「ドロー」
10月28日、アメリカ大会アジア最終予選、日本×イラク。勝てば悲願の本大会出場となる日本は、1点リードで迎えた後半ロスタイム、イラクのショートコーナーから痛恨の失点…!土壇場で本大会出場を逃したこの「ドーハの悲劇」に、日本中が悲しみに包まれたが、テレビ視聴率は40%を軽く超え、日本に「サッカー」が浸透した最初の戦いでもあった。
ゴン中山の号泣も、記憶に新しいのでは?

サッカー王国ブラジルを1−0で撃破!
アトランタ五輪「マイアミの奇跡」
38年ぶりの五輪出場となったアトランタ五輪の初戦は、王者ブラジルとの対戦だった。開始からブラジルの猛攻を受けた日本は、GK川口の神がかり的セーブでしのぎ続け、72分、アウダイールとGKジダが接触してこぼれたボールを伊東が抜けめなく押し込んだ。ロベルト・カルロスやベベットらを擁する「最強」ブラジルを破る歴史的1勝を挙げた瞬間だった!

マレーシアのジョホールバルで悲願成就!
「野人」岡野が決めた!ワールドカップ初出場
日本中が揺れた「ジョホールバルの歓喜」
ドーハの悲劇から4年。フランス大会最終予選に臨んだ日本は、プレーオフでイランと激突!「今度こそ」と日本中が願うなか、延長後半13分、「野人」岡野雅行が決勝ゴール!日本が悲願の本大会出場を達成した。再三のミスで岡田監督から「岡野テメエ、コノヤロー!」と怒鳴られながらも決めた岡野は、一躍時の人になった!

小野、高原、稲本ら「黄金の世代」が大記録!
なんとワールドユースで準優勝!
日本サッカーの明るい未来を予感させたワールドユース選手権。ユース代表の中核は小野伸二、高原直泰、稲本潤一ら「黄金の世代」だった。予選でイングランドなどを破る快進撃で決勝トーナメントに進出し、メキシコ、ウルグアイを連破!決勝でスペインに敗れたものの、日本が世界のトップに近づきつつあることを証明する大会になった。

ワールドカップ初の勝ち点、初勝利!
そして初の決勝トーナメント進出
初めてアジアで行なわれた日韓大会。日本は予選リーグ初戦、ベルギー戦で引き分けてワールドカップ初の勝ち点をゲット!続くロシア戦では、稲本潤一がゴールを決めてワールドカップ初となる歴史的「1勝」をゲット!!勢いに乗る日本は、続くチュニジア戦でも快勝!!!グループトップで予選を突破し、ベスト16入りを果たした。
決勝T1回戦はトルコと対戦し、1−0で敗戦


大ブーイングも、なんのその!?
ジーコJAPANがアジアカップで連覇達成!
政治などの絡みで、反日運動が盛んだった中国で開かれたアジアカップ。日本代表の試合は、多くの観客から大ブーイングが起こる異様な雰囲気だったが、そんな完全アウェーの状態でも、司令塔の中村俊輔を中心に予選リーグを突破した。決勝では地元・中国を相手に格の違いを見せつけ、2大会連続優勝。「アジア王者は日本」であることを世界に強く印象づけた!

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 58人

もっと見る

開設日
2006年10月10日

3759日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!