mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 【伝統】左義長祭り【近江八幡】

【伝統】左義長祭り【近江八幡】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年1月24日 15:43更新

近江八幡で毎年3月中旬に行われている祭り、左義長祭りを盛大に盛り上げ、語るコミュです!!!

願わくば・・・過去の山車の画像なんか見られることを期待しつつ、来年の【猪】にも期待しましょう★★★

小生これまで、八幡の左義長に勝る祭りは見たことがないです!!!

ご存じない方も是非!!!

繊細かつ豪傑な祭りで、特に山車の繊細な技術はどこの祭りにも見られないものだと思います。

実際に行くと本当に感動すると思いますよ★

詳しくは、
http://www5d.biglobe.ne.jp/~him8man/



1.左義長の由来
 左義長は元来新年に行われる火祭行事を指し、三毬杖・三木張・三毬打・爆竹とも書き、地域によってはサギチョウ、トンド、サエノカミと呼ばれています。旧正月を中心に14日夜か15日朝、正月の飾り物などを広域に集めて焼く行事であり、1年の無病息災を祈って現在でも全国各地で行われています。
 もともとは中国から来たもので、漢の時代から正月行事として行われていた爆竹が元と言われています。わが国では正月馬に乗り、紅白の毬を先がヘラになった杖で掬って遊んだという「打毬の楽」が由来しています。打毬の楽で破損した毬杖を集めて焼いたのが三毬杖・三木張・三毬打の語源とされているからです。
 その後、仁明天皇承和元年、鎮護国家・五穀豊穣を祈る祭として、青竹の束に扇子・短冊などを吊るし、陰陽師がこれを焼く行事が執り行われるようになりました。この際毬杖を3つ結んで立てたとも言われています。
2.踊り出したる信長公と八幡開町の心意気
 信長記に「織田信長安土において毎年正月盛大に左義長を行い、自ら南蛮笠を被り、紅絹にて顔を包み、錦袍を着け、異粧華美な姿で踊り出た」とあります。信長亡き後、豊臣秀次が八幡城を築き、八幡城下での楽市楽座に招かれて安土から移住した人々を中心に、天正18(1586)年八幡に城下が開町されました。
 この時、既に4月に行われていた氏神八幡宮の例祭「八幡まつり」の荘厳さに驚き、これに対抗し、開町による新進気鋭の悦びと感謝の意を込めて、厄除・火防の由緒ある御神徳を仰ぎ、左義長を八幡宮に奉納することとなったと伝えています。本来正月に行われる左義長が、3月に行われる由縁もここにあると考えられます。

3.左義長の姿形(1)〜十二段祝着と赤紙、火のぼり
 左義長は十二段祝着と言い、一束ごとに揃えた新藁を美しく十二段の段状に重ねて、六あるいは七尺(=1.8or2.1?)の三角錐状の松明(たいまつ)にしたものを胴体とします。
 その上に一丈(=3.03?)余りの青竹(もしくは笹)を据えつけます。青竹は葉を取り、代わりに短冊型の赤紙を数千枚結び付けます。この色鮮やかな赤紙が、祭りの間街中に赤く燃えるように映え、お祭りムードを高めます。青竹は赤紙のほか吉書、扇、火打巾着、くす玉など紙製品で賑やかに飾り付けます。
 さらに胴体と青竹を繋ぐ部分に「頭」を作ります。頭は緑色の杉の葉で作り、藁で編んだ「耳」を3つ、それぞれに御幣を差します。もう1つ、頭の上に「火のぼり」という御幣をつけます。祭りのクライマックス、左義長を奉火する時には、この火のぼりから火をつける習わしとなっています。

4.左義長の姿形(2)〜だし
 左義長の中心正面には「だし」を飾り付けます。毎年、干支や時局にちなんだテーマを各町内で考案し、穀物・海産物・地元特産品を使い、その自然色を生かして立派に作ります。これが左義長の晴眼で、費用を惜しまず手間を凝らし、名作を競って郷土芸術の誇りとしています。
 主として干支の動物を題材にした造物を俗に「むし」と呼び、据えつける背景となる円形・扇形・方形などの部分は単に「台」と呼びます。このむしと台を合わせて左義長の「だし」と呼ぶのです。

長すぎるので、割愛(´・ω・`)=3

※ぼちぼちgif画を作っていきたいです。。。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

イベント

参加メンバー 93人

もっと見る

開設日
2006年10月9日

3794日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!