mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > アヴリル・ラヴィーン

アヴリル・ラヴィーン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年6月7日 19:18更新

★*:.,.:。.*・゜☆:.,.:*:.,.★*:.,.:。.*・゜☆:.,.:*:.,.★

1984年9月27日
カナダのオンタリオ州にある人口5000人という小さな村、ナパニーに生まれる。
家族構成:フランス人の父、カナダ人の母、兄、妹
身長:152cm
2歳になるころにはその声とキャラクターで周囲の人々を驚かせるようになっていたと言う。授業中に落ち着いて座っていることができなかったというアヴリルだが、「自分はミュージシャンになるんだってずっと思ってた。すごく小さいころからベッドの上で自分がステージで何千人の前で歌ってるのを想像して目いっぱい歌ってたわ」という通り、強い決意と自信を持ちつづけた彼女は教会でゴスペルを歌ったり、カントリーを歌ったり、タレント・ショーに出たりと歌うチャンスのあるところでパフォーマンスを続けた。やがてより自分のスキルを磨くためにNYへと旅立った彼女だが、そのNYでまたとないチャンスが訪れる。彼女に注目したアリスタ・レコードのスタッフが社長であるアントニオ・LA・リードにアヴリルを紹介。LA・リードの前でパフォーマンスをした彼女をLAは一発で気に入り、即アリスタと契約となった。彼女が16歳の時だった。
 デビュー・アルバム制作のためNYへと移住した彼女だったが、彼女と曲を作るために用意されたソングライター/プロデューサーたちとの作業は彼女にとって非常にストレスのたまるものであったという。「どの曲も私を表現している曲じゃなかった。さらに他の人達に曲を書いてもらおうってアイデアもあったんだけど私はどうしても自分で曲を書きたかったからあきらめなかった。」と語る彼女は気分転換のためにLAへと移る。そこで彼女はプロデューサー/ソングライターのクリフ・マグネスと出会う。「やっと私にぴったりの人をみつけた!って感じだったわ。彼は私のことをすごく理解してくれて、私に主導権を与えてくれたの。」
 こうして完成したデビュー・アルバム『Let Go』からのファースト・シングル「Complicated」はリリースされるやいなや世界中で大ヒット。アルバムも世界各国で瞬く間にプラチナを獲得する。さらにこのアルバムからは彼女の代表曲ともなった「Sk8er Boi」や「I’m With You」「Losing Grip」と1年以上にわたり次々とヒットがうまれていった。アルバムのリリース以来アヴリルは北米はもちろん、ヨーロッパ、日本、アジアと世界中を休みなくツアー、その結果アルバムは全世界で2000万枚ものセールスを記録した。
2003年1月からはGOB、シンプル・プランとともに初のヘッドライナー・ツアーである”Try To Shut Me Up Tour”をスタート。ヨーロッパ、北米などをまわり、そのアヴリルらしいシンプルでストレートなステージにより各地でソールド・アウトを続出。
2003年5月にはついに初の来日公演が実現。東京・大阪でショーを行い、新人でいきなり武道館公演という快挙を達成した。


★*:.,.:。.*・゜☆:.,.:*:.,.★*:.,.:。.*・゜☆:.,.:*:.,.★

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 919人

もっと見る

開設日
2006年10月6日

3916日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!