mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > ルノワール「ピクニック」

ルノワール「ピクニック」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2010年4月13日 06:02更新

奇跡のブランコシーン。
ピクニックのきらめき。

いろいろ語りましょう。

( 内容)
1860年のたおやかな陽射しに彩られた夏のある日、パリに店を持つデュフール氏は、妻と娘のアンリエットらをしたがえパリ郊外へとピクニックに出かけた。昼食後、デュフール夫人とアンリエットは、同じように川遊びにやって来ていた青年アンリとロドルフに誘われる。アンリとともに中州へ漕ぎだし抱かれるアンリエット。突然の驟雨がふたりを包み、水面に波紋を広げる。そして2年後……。
1936年夏に撮影を開始したものの天候に悩まされ、さらに次回作の『どん底』の撮影に入ってしまったため未完のままになったフィルムを戦後の’46年にプロデューサーのピエール・ブロンベルジェが編集させ、完成へとこぎ着けた。アンリエットを演じるシルヴィア・バタイユの儚い美しさ、水面の誘惑的な官能……わずか40分足らずの掌編でありながら、ルノワール映画のあらゆる魅惑が詰まった傑作となった。アンドレ・バザンは「完全に完成された映画」と讃え、ジャック・ドニオル=ヴァルクローズは「予定より早くキャメラのクランクが止められた日に、すでに完成していた」と言うように、画面のすべてに抒情と官能が美しく宿る、ルノワール映画のエッセンスともいうべき本編に加え、「撮影風景」と「リハーサル」を収録した、<「ピクニック」三部作>完全版!

データタイトル ピクニック
監督 ジャン・ルノワール
出演 シルヴィア・バタイユ
ジャーヌ・マルカン
アンドレ・ガブリエロ
ジョルジュ・サン=サーンス

製作年 1936年
製作国 フランス

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 14人

もっと見る

開設日
2006年10月5日

4090日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!