mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > おちゃのじかんにきたとら

おちゃのじかんにきたとら

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年9月9日 00:48更新

ちょっとシュールでほのぼのした世界。

いろいろお話しましょう。


「おちゃのじかんにきたとら」
作・絵: ジュディス・カー
訳: 晴海 耕平
出版社: 童話館
本体価格: \1,238
発行日: 1994年9月
ISBN: 492493805X

ソフィーとお母さんが台所でお茶の時間にしようとしていました。すると突然、玄関のベルが鳴り……、そこにいたのは毛むくじゃらの大きなとら。「ごめんください。ぼく、とてもおなかがすいているんです……。お茶の時間にご一緒させていただけませんか?」。とらが礼儀正しくお願いすると、「もちろんいいですよ」とお母さん。こうして、ソフィーたちはとらと一緒にお茶をいただくことになりました。でも、とらは大きいし、おなかをすかせていたので、テーブルの上のサンドイッチやパン、ビスケット、ケーキだけでなく、家にある食べ物をすべてをたいらげてしまい……。

ある日突然、オレンジ色と黒の縞模様のとらが家にやって来たらどうします? それも礼儀正しく丁寧に「お茶の時間にご一緒させていただけませんか?」なんてお願いしてきたら……。ソフィーとお母さんは慌てることなく、お客様としてとらをもてなし、一緒にお茶を楽しみました。とらが、作りかけの夕ご飯や冷蔵庫の食料、棚の缶詰めもみんな食べてしまったにもかかわらず、ソフィーたちはとらと和やかに別れ、まるで何もなかったかのよう。一大事であるはずのできごとが、このお話では平穏の中に終結する――その異常の平常さが状況のおかしさを誘っています。
お父さんが帰宅し、ちゃんと問題を解決してくれる場面に心が温まります。ごく日常的な英国の家庭風景を垣間見ることができるのも、この作品の魅力。うちにもとらが来るかもしれない……、そんな期待を抱かせてくれる終わり方には広がりがあり、想像力をかきたてられます。
1968年の初版以来、世界で300万部を売り上げ、もっとも人気のある絵本作品のひとつと言われています。
――(ブラウンあすか)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 17人

もっと見る

開設日
2006年10月5日

3949日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!