mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > スイープトウショウ

スイープトウショウ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年5月17日 10:46更新

スイープトウショウは鋭い差し脚を武器に2004年の秋華賞、2005年の宝塚記念、エリザベス女王杯などを制した。牝馬が宝塚記念を制するのは39年ぶり史上2頭目の快挙であった。2005年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬。現役最強牝馬とおれは信じている!
まさに女王様!

性別 牝
毛色 鹿毛
品種 サラブレッド
生誕 2001年5月9日
死没 (現役競走馬)
父 エンドスウィープ
母 タバサトウショウ
生産 トウショウ牧場
生国 日本(北海道静内町)
馬主 トウショウ産業(株)
調教師 渡辺栄(栗東)
→鶴留明雄(栗東)
競走成績 18戦8勝
獲得賞金 6億5022万円



2-3歳時は出遅れ癖のおかげでなかなか勝ちきれない面を見せていた。古馬になってからは出遅れ癖は緩和されたものの、調教やレース前の馬場入りを極端に嫌がる面は直らず、調教を開始しようにも数十分立ち止まって全く動こうとしないことも珍しくなかった。2005年の天皇賞(秋)では本場馬入場時に、鞍上の池添謙一を乗せると全く動こうとしなくなったために、池添を下ろし、返し馬を中止して係員がスタート地点まで引っ張っていくという珍事もあった。

池添自身も、勝利騎手インタビューにて「スイープトウショウは能力は素晴らしいんですが、ちょっと性格に問題が…」と、苦笑いで語っている。




競走実績
2003年10月18日のデビュー戦であった2歳新馬戦を単勝1.8倍の圧倒的な1番人気に応えて1着。勢いに乗って、続く牝馬限定GIIIのファンタジーステークスも制す。しかし、2歳牝馬のチャンピオンを決める阪神ジュベナイルフィリーズでは差し切れず5着に敗れる。

2004年、牝馬限定オープン特別の紅梅ステークスを勝った後、調教師の渡辺栄の定年引退、鶴留明雄厩舎への所属変更に伴い、主戦騎手も角田晃一から池添謙一に乗り替わり、桜花賞トライアルのチューリップ賞を差し切り勝ちする。しかし、桜花賞は5着、優駿牝馬は2着となり、春のGIは優勝できなかった。秋になり、ローズステークス3着を経て秋華賞に出走し、これを制して待望のGI初制覇を達成した。

古馬となった2005年は、都大路ステークスを5着した後、6月の安田記念でアサクサデンエンの2着に善戦。同月に開かれた宝塚記念では、並み居る牡馬を蹴散らして1966年のエイトクラウン以来39年ぶり史上2頭目となる牝馬による春のグランプリを獲得した。また、馬主のトウショウ産業も1977年の名馬トウショウボーイ以来の宝塚記念制覇であった。

天皇賞(秋)はヘヴンリーロマンスの5着に敗れたが、牝馬限定のエリザベス女王杯では同年の秋華賞馬エアメサイアなどを抑え優勝。GI3勝目を挙げた。また、この年の最優秀4歳以上牝馬に選出された。

2006年4月、調教中に骨折を起こし、復帰戦は10月8日と11ヶ月ぶりとなった京都大賞典。逃げ馬不在で超スローペースとなったが、最後の直線では内の開いたところを抜け出し上がり3F32秒8の鬼脚を繰り出し勝利を収めた。そして1番人気で迎えた天皇賞(秋)。しかし最後はすばらしい脚で追い込んだものの前に届かず2年連続の5着となった。



主な重賞勝鞍
2003年11月9日:ファンタジーステークス(GIII)
2004年3月6日:チューリップ賞(GIII)
2004年10月17日:秋華賞(GI)
2005年6月26日:宝塚記念(GI)
2005年11月13日:エリザベス女王杯(GI)
2006年10月8日:京都大賞典(GII)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 124人

もっと見る

開設日
2006年9月28日

4042日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!