mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > □総理大臣公邸[旧官邸]□

□総理大臣公邸[旧官邸]□

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年5月24日 20:34更新

総理大臣公邸(旧官邸)Wikipediaより転載

旧総理大臣官邸新官邸の完成に伴い、旧官邸は改修・増築し、迎賓機能を持たせた総理大臣公邸(首相の公の住居)として使用されることになった。手始めに2003年10月から約1ヶ月をかけて、曳屋によって建物全体を南に約50m移動させる工事を行った。2005年4月に完工し、小泉純一郎首相が政権5周年目を迎える2005年4月26日に引っ越した。

公邸(1929年 - 2002年まで使用された旧官邸)
1929年(昭和4年)3月18日に竣工。
鉄筋コンクリート4階建
延床面積:7,000m²
大正末期から昭和初期にかけて流行したアール・デコ、表現主義などの建築様式を取り入れた文化的にも価値があるといわれる建築。旧帝国ホテル本館などの設計で知られるフランク・ロイド・ライトのデザインに似ていたため、ライト風とも呼ばれたが実際に設計したのは、当時大蔵省営繕管財局工務部工務課第二製図係長だった下元連である。
1932年の五・一五事件、1936年の二・二六事件などの舞台となり、死者が出ている。
これらの事件もあってか官邸内に幽霊が出るとの噂が流れたことがある。
1階の西階段は組閣時に閣僚が記念撮影をする場所として広く知られた。
太平洋戦争中には首相らが緊急脱出する為の地下トンネルが存在していた。
東条英機首相の時には、ラジオ演説を行う為の部屋が存在した(太平洋戦争開戦時の演説もここで行われたと言われている)。
重大事件が起きると官邸内にある小食堂が危機管理センターの役割を果たしていた。
現在の官邸が完成するまで首相執務室前での記者の張り番取材が行われていた。
首相執務室の壁が殺風景だということで細川護煕政権時代に壁が貼りかえられたことがある。
首相官邸記者クラブの1階には1992年まで「スイス」という小さな食堂がありしばしば歴代の首相が料理を注文をすることがあったという。
他の役所と違って室名表示がなかった。
副総理用の執務室も存在したが、「天井が低く、圧迫感がある」ということで余り使われず、歴代の副総理の殆どが総理府に執務室を置いた。
改修に伴い、茶室や和室など、外国からの賓客をもてなす部屋が新たに作られた。
改修に際して、燃料電池による発電・熱供給システムや、太陽光発電、風力発電など環境に配慮した各種設備が導入された。
2005年10月に小泉首相が公邸の庭でキノコを見つけ、食べられるかを調べさせたところ、マジックマッシュルームの一種で麻薬原料植物に指定されているヒカゲシビレタケだと判明し、除去された。

内閣制度創設〜1929年まで使用された旧官邸
西洋風の木造2階建て
太政大臣官舎を転用したものであった。

□内閣総理大臣コミュ□

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1338554

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 2人
開設日
2006年9月27日

3893日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!