mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ジャミラについて深く研究する

ジャミラについて深く研究する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年4月29日 12:38更新

ジャミラは悲劇の怪獣だ。
もともとはジャミラは人間であった。
フランスの宇宙飛行士ジャミラは地球人から英雄と呼ばれ、宇宙へと旅立つ。
しかし宇宙ロケットの事故で金星に不時着。
金星は灼熱の地獄である。
地球に助けを求めるが地球は危険な金星への救助は不可能とし、ジャミラを見捨てた。
かくしてジャミラは灼熱の金星において地獄のような苦しみを味わう。
金星の環境のせいで体に変化を起こし、人間とは思えない化物のような姿に変わり果てる。
ジャミラは自分を見殺しにし、こんな姿へと変えた地球人への復讐を近い、金星ロケットを改造「見えない円盤」へと改造し、地球へと飛来した。
決して拭えない地球人への恨みと怨念を胸に抱いて・・・・・・。

ジャミラについての感想

児童1
ジャミラはうちゅうで一人ぱつーといて人間がなぜたすけにこないのかわからないから地球にもどりたくてももどれない。そしてもどるために何十年かかり宇宙せんをつくって地球にかえってきたのに地球に帰ったら悪役にされてこうげきされるなんてかわいそう。

児童2
 ジャミラは人間なのにあんなすがたになったりソ連に見ごろしにされて、うらみだけで地球に帰ってきたのでかなしいと思った。
 作者は人間でもなんでも見ごろしにしたりするとジャミラのようなとてもかなしいことがおこるとうったえていると思った。

児童3
 ジャミラは宇宙にほうりだされてだれもたすけてあげないなんてジャミラがかわいそうとおもう。ジャミラがいいたかったことはたすけてくれといいたかったんじゃないかなとおもう。

児童4
 もしぼくがジャミラと同じようになったらぜったい仕返しをすると思います。なぜかと言うとたすけてくれと言っていたのにたすけてくれないのはあんまりだし、ほかの国にひみつにしていたこともあんまりだからぜったいに仕返しすると思います。

児童5
 ジャミラは、もとは、人間で、前じこがおきて、かいじゅうになって、ちきゅうにやってきて、さいごに、ウルトラマンとたたかって、やられた。ジャミラは、じこのことで、仕返しにきて、家とかをくだいた。

児童6
 ぼくは、ジャミラがすごくかわいそうだったです。うちゅうにのこされえしかえしに行ったらウルトラマンにやられて死んでしまったからかわいそうだなと思った。

児童7
 ジャミラを見すてるなんてゆるせない。ジャミラは、地球せいふくをしにきたのではなく人間に仕返しをしにきたのでは、ないだろうか。ジャミラが行くえ不めいになったのをだまっているのもわるいと思った。

児童8
 ジャミラは、もともと地球人やって うちゅうひこうしでうちゅうに行って、なにかトラブルがおきて、しらないほしについて生きのびた。そして、地球上の人間の心があったけれどにくしみやふくしゅうのおもいが大きいのでこんなことをしたのかなあと思いました。ジャミラは、地球人に、オレがいたんだぞーとしらしめるためと地球をほろぼそうと思ってきたのではないか。

児童9
 ジャミラはうちゅうひこうしだったが事こがおこってみすてられてしまった。その時のジャミラはとってもかわいそうだ。ジャミラがみすてられたときもういきようと思わなかったと思う。みすてられたらだれでもしかえしをしようとおもう。ジャミラはそう思っていた。ぼくがジャミラだったらみすてられたらぼくもぜったい。何が平和だ。口だけじゃないかと思う。ジャミラがしかえしをしてあたりまえだと思う。

児童10
 ジャミラは、もとは人間のうちゅうひこう士で、いつのまにかわすれられてしまたので、人間にたいしてにくしみをもっているんだなあと思いました。それにジャミラは、人間の心を少しはもっているんだなと思いました。

児童11
 うちゅうに出て、じこにあて、それをほっとくんだったらうちゅうにとばさなければいい
 ジャミラが地球に仕かえしにきたのは、とうぜんだからたおさなければいいと思った。

児童12
 かいじゅうにどうやってなったなかなと思った。かわいそうなジャミラ。

児童13
 ジャミラはかわいそうでした。家をこわしたりしたけど、ほっとかれたらそんなことをするのは、あたり前と思います。

児童14
 うちゅうへいってほったらかしにされ仕返しにくるのがわかるような気がする。ジャミラがかわいそうだ。ジャミラにたいしてすっごくにくいと思う。

児童15
 ジャミラはとても、気持ちがかなしいかいじゅうだとおもいます。みんなにみすてられて、せっかくちきゅうにかいってきて、いやみをはたしたのにころされてしまったジャミラがかわいそうでした。
 ジャミラは帰ってきた。

児童16 
 ジャミラは、もとは、うちゅうひこうしで、うちゅうにいたとき、なにかのじこがあってジャミラは、どこかのほしへいってしまった。それを、その国の一は、なんじゅう年もかくしとうしてきたことが ジャミラにはゆるせなくて、ちきゅうじょうにしかえしをしにきたとおもう。

児童17
 ジャミラをなぜうちゅうへほおりだしたのか、わからなかったけど、見てるとわかった。ジャミラはなぜうちゅうひこうしになってちきゅうをまもろうとしたことがわかった。

児童18
 わたしは、ジャミラは悪役ではないと思います。だって自分をほったらかしにしといて、自分たちだけ平和になろう何て、ひきょうだと思ったからです。ジャミラは、今まで、とてもつらかったんだと思います。うちゅうに一人ほっかされて、だから、にくしみをもった、ジャミラは地球をほろぼしにいこうと決心したのだと思います。
 それともう一つ思ったことはジャミラは、人間にたいして、にくしみをもっていたのだけれど、人間の気持ちはまだのこっていたんだと思います。だって、そう言われたとき(「もう人間の気持ちはのこってないのか」と言われたとき)いっしゅんとまったから、その場面でそう思いました。
 それと、地球に帰ってきたのに、こうげきされ、たおされてしまったので、少しひどいと思いました。

児童19
 わたしはジャミラのことを正義とはいいません。けれども悪役ともいいません。ジャミラは事故があり、国にむしされて、ジャミラはかわいそうだと思います。ジャミラは、長いこと、けんきゅうをし、みえないひこうきを作りました。ジャミラが、長いことけんきゅうをし、作り上げたこのひこうきで、国をほろぼそうと思ったのかもしれません。国際平和会議をじゃまして、平和にさせないため、会議をじゃましたと思います。いまでは、ひこうき事故がおきても、どこかにとばされ、むしされることは、ありません。ジャミラは、まだ、人間の心は、わすれていません。

児童20
 ジャミラは、人間にほっておかれて、悪役になりかわいそうだなと思いました。ジャミラは、人間にたいしてたたかい、ジャミラは悪いやつでもないのにやっつけてかわいそうでした。
 
児童21
 ジャミラは、自分たちの仲間(人間)なのに、どうしてほおっておくのだろう。どうして、そのジャミラをたおすのだろうと思った。
 ひっしゃの、わたしたちにつたえたいことは、ジャミラだって人間の心は、すこしはおぼえている。

児童22
 ジャミラは本当は、やさしい人間だったんじゃないかなと思う。わけは、さいごにアメリカのはたをもとうとしたからです。ジャミラの気もちがよくわかります。もし私がうちゅう飛行しになったら、よろこんでうちゅうにいくけれど、ほうておかれたら私ならぜったいにしかえしにいきます。ジャミラの人間にたいする気もち(思い)が行動に表れたんだと思う。ジャミラは、平和会議をねらったのかはたぶんいろいろな国から日本に来るから、ジャミラの国があるかもしれないし、ジャミラは、オレだけ苦労させておいて平和とはなんじゃと思っていたと思います。ジャミラは、うちゅうのかなた(わからんけど)までとばされたのに、ほうっておかれてくるしくて、かわいそうだなーと思いました。

児童23
 ジャミラは自分だけみすてられていた。私は、かわいそうだと思った。ジャミラやがわるいのじゃなく、人間がわるいと思う。

児童24
 うちゅうひこうしのジャミラが地球のこくさいへいわかいぎをじゃましにきてもあたりまえだとおもった。だって、ジャミラはうちゅうにいってかえってこられなくなったのに、ほかの人はしらんかおしているのでジャミラはかわいそうだとおもった。

児童25
 わたしはこのビデオを見てなぜふつうの人間をうちゅうにおきざりにするのかなぁーと思いました。そしてジャミラがしかえしにくるのはあたりまえだと思います。

児童26
 ジャミラは始めは人間だったのにかいじゅうになってかわいそうだなぁ〜。ジャミラは自分のことをどう思っているのかが疑問!!ジャミラはどこであんなに大きくなったの?昔の人間だったときのことを思いだしたら、平和会議で家をやいたりしなかったと思う。私がまほうを使えたらもとの人間にもどしてあげたいなぁ〜。

児童27
 ジャミラは、ほんとは人間だった。うちゅうひこうしになって、なにか事故にあってどこかにいって、あんなへんなにんげんとおもわないようになって、地球にかえってきた。けれど、「やった!!」と言うきではなかった。ジャミラは正義でもないし、悪くもないので、かわいそうだった。

生徒1
 ウルトラマンなんて、昔の番組だし、「おもしろくないだろうなあ」と、見る前は思っていたけど、見た後は、何となく悲しくて、何かおもしろくなったようなそんな感じだった。やっぱりちょっと昔の番組だから少しないようがわかりにくかった。ウルトラマンは知っていたけどテレビでははじめてみたから何かちょっとわくわくした。

生徒2
 ウルトラマンのいでさんはジャミラのことを自分たちと同じ人間と考え、殺すのをいやがった。そのことをぼくは間違っていないと思う。
 ジャミラは人間に利用されて、変な姿になったのに、帰ってきたら、全世界の人々に敵あつかいにされるのはおかしいと思う。

生徒3
 ジャミラが本当は人間だったというのにはびっくりしました。2つかわいそうと思ったのは人間から「人間だった」として見られていない事と、人の意識が無くなってしまったから。最後ウルトラマンにやっつけられて死んでしまったけど私はちょっとかわいそうかなーと思いました。
 でももう人間の意識も無くて人から人と見られないのだから世の中からいなくなっても仕方ないのではないかと思いました。

生徒4
 ジャミラもつらいなぁ。やもおえないとはいっても自分に、やもおえないから死ねといわれてもいやだ。家とかも、つぶさなければ、死ななくてもよかったことはない。あのままで、なんにもしなくてもきっところされてただろう。
 生き物でも実験はねずみでもたぬきでも、やめるべきだ。やってもわるくなるのがわかっているのならとーといいのちをむだにしているだけだ。
 しんでとーぜんとは思わないほうがいいのではないか、とーぜんとおもえるのならその人に、やもおえないから死んでーといってもおかしくない。
 なってしまったのはどうしようもないからこれからはじんたいじっけんはぜったいむだだからやらないほうがいい。やらなければなんのしんぽもないとかんがえてもいいかもしれないが、それいがいのやりかたでやればいい。
 ガリバーでも島引きおにでもちゃんといられたんやから、科学がすすんでいるからなおさらいれにくいんちゃうか。

生徒5
 私は怪獣だって人間と仲良くなれると思う。それで、ジャミラ中心に仲良くなっていけないかなと思った。私はパリの人の方が怪物だと思った。ウルトラマンもこのときは正義だとは思わなかった。

生徒6
 ジャミラはとてもかわいそうとおもった。ほんとうは人間なのに、みんなはそれをしっていながらこうげきをつづけたりしていた。ジャミラは地球人なのに、かわいそうと思った。人間をのせたえいせいがこわれなかったらジャミラという人はかいじゅうにならなくてもすんだのにとおもった。なぜこうげきをしたのかとおもった。
「人間らしさをなくしたのか」といったときにジャミラがとまったときに、ぼくは、まだ人間らしさをなくしていないんだからジャミラをこうげきしないでいっしょにくらしたりすればいいのになあとおもいました。ぼくがジャミラだったら、なくとおもった。とてもかわいそうだった。もしぼくがほんとうのジャミラだったら、すごいかくへいきをつくってこうげきしていたとおもう。もししゃべれてたらぼくは、「なぜたすけてくれなかったんだ」とゆうとおもう。それとウルトラマンがなんとかしてくれればいいと思いました。 
生徒7
全て人間が悪いと思う。そんなのほったらかしにしてしまってかわいそうだと思う。ほとんど、ウルトラマンはいいところで、でてきてると思う。正義の見方はいつもそうだ。うちゅうせんなのに、ジャミラはどういうふうにのっていたのだろう?とてもざんこくだった。見ていて、あまりおもしろくなかった。なぜ水が、かかっただけで死んでしまったのだろうか。

生徒8
 ジャミラは、もとは、人間なのにロケットがちがう星に行って、何かのげんしょうでジャミラになってしまった。それを知っていたのにたすけに行かなかった。人間は悪い。私だったら助けに行く。私だって、そんな星に行ったら助けにきてほしい。人間の心をかいじゅうになっても、もっていた。ジャミラが地球をせめてくるのはほんとうにわかるような気がする。

生徒9
 私は、このビデオを見て、おかしいな?というところが2つありました。1つはひきにげをした車をおいかけていたパトカーです。さいしょみたときとつぎみたときのナンバーがちがっていたことです。もう1つはジャミラです。前は人間だったが、水のない国にいってあんなかっこうになってしまったらしい。そんなはずはないが・・・。じゃ、何年も水をのまなかったらジャミラみたいなのになるのかしら。

生徒10
 私は、ジャミラは、人間ではないと思います。しかし、ジャミラには人権はあると思います。ずっと昔は人間だったからです。けれど今は、もうかいぶつです。それは、がいけんがかわってしまったからも少しはあると思います。しかしそれよりも、かいぶつと思っているところは心です。人を思いやる心もなければ、逆に人をきずつけ、家などをこわすなんていとをするのはかいぶつとしか思えません。しかし、ジャミラよりもっと悪いのは、ジャミラに悪い心、にくしみの心、ふくしゅうの心をあたえた、ジャミラを宇宙におくり出した人たちだと思います。その人々がジャミラの人権をむしして、宇宙におくり出し、それだけではなくジャミラの人権をうばいとったからです。
 もし、私がジャミラなら、私は2つの考えを出します。1つはジャミラと同じように、宇宙におくり出した人々をにくみふくしゅうをする。そしてもう1つは自分の人権をうばいとった人は、たしかににくい、その人々をうらみたくなる。けれど、ほかの人々にはなんのかんけいもなんのせきにんもない。だから、姿かたちがかわっても人間としての心、人間らしい心をたいせつにし、ほかの人々に迷惑をかけずひそかにみんなと同じくらしをし、そして少し少しみんなにしょうたいをあかしていき、少し少しみんなとなじんで少し少しでもいいからいままでのせいかつにもどっていき、いつかは、みんなと同じようにしたしみ、今までと少しもかわらない生活をおくれるようにすること。もし、ジャミラがふくしゅうではなく、わたしがかんがえたもう1つのほうのおこないをせんたくしたら、ジャミラはしやわせにくらし、いつかいきをきらし、しやわせいっぱいのままで地球の土になったと思います。
 
生徒11
 ぼくはジャミラは心は人間の心を少し持っていたと思う。それは隊員の呼びかけにこたえたからそう思った。ジャミラになる前になぜさがしに行かなかったのか?
 ウルトラマンに変身した人もどういう決心でジャミラをたおそうと思ったのだろうか。
 人も自分の命のほうが大事で、人の命なんてちょっとも思っていなくすてゴマに使われているだけだと思う。
 ぼくはこのビデオを一回見たことがある。だけどその時、ぼくは怪獣がたおされるのは当たり前という気持ちで見ていたが、もう一度あらためてみるといろんなことを学べた。
 昔のビデオは今の僕たちにすぐわかるおもちゃが飛んでいたりするのがよくわかる。

生徒12
 今日の道徳でなっなんと『ウルトラマン』を見た。先生が黒板に『ウルトラマン』って書いたときもびっくりしたもん!
 見てるときもこんなのおもしろくないじゃんって思ってました。それに道徳にだって関係ない!と思いながら見てました。でもビデオが終わってから先生が「ジャミラは人間としてみるのか、かいじゅうとしてみるのか、どっちやと思う?」って質問したときなるほどそういう考え方もあるんだナ、と思いました。その時私はジャミラは人間としてみるほうに手を挙げました。だってジャミラは心が人間だから自分の存在を忘れようとする人間をイヤだと思う気持ちがあったからです。怪獣だったらそんな気持ちは全然無くてただ世界を自分のものにしてやろう、みたいな考え方しかできないと思う。
 最後に土になってしまうときにくやしそうに地面をたたいていたとき自分を忘れないでいつまでも覚えていてほしいって思ったんじゃないカナ、と思いました。なのに!どうしてあの井出さん達は気付かないの!? 
 ジャミラが土になってしまったとき、井出さん達は「自分の住んでいた地球の土になれてよかった。」と言ったけどそれよりもジャミラは自分の存在を忘れないでほしいと望んでいたんじゃないかと思った。

生徒13
ジャミラの人権はないと思う!
 それはもともと人間だったころは人権があるけど・・・。パリの本部が「一ぴきのかいじゅうとして殺せ」といった。だから人間は1ぴきのかいじゅうとして殺したから(ほとんどはウルトラマンがやった)
助けに行かなかった人間も悪いけれど、人間の住む家をやいたりふんだりするのは・・・、もともと人間だったからわかると思うのにこわしていった。たとえたらいじめで人の人権をなくしているように思える。
 見かけはぜったいかいじゅうだし、やっていることもそうだから・・・。
 でも、一応ジャミラは人権があるものとおもっているのカナ?と思った。もし自分がジャミラだったらどーせ死にそうな気がしてあきらめるともう。ジャミラは死んでしまったけど。

生徒14
 ジャミラの話を聞いたとき、同じ人間を殺して何になる!私がそう思いました。
人の命をそうかんたんに、うしなうな!とかいろいろ思いました。私は、ふくしゅうしにもどってきたことは、ゆるせなかった。私は自分がころされてでも、すででたたかってほしかった。
 もし、自分の人生が、ジャミラだったらやっていく。自分の存在する土地で・・・。もし私がジャミラなら、あそこまではしない。私の一生のもくひょうが
 「人をぜったいににくまない」
です。だからきらいでも、にくまない。にくんだ分、自分にかえってくるようで、にくめない。いい人に、強い人になります。そのためには、心のそだった人になりたい。そうおもいました。ジャミラは、自分の苦しんだ分、人の心のわかるヤツになっていたら・・・。いろんな思いでむねがいっぱいになりました。ウルトラマンを見て、少し心を打たれました。

生徒15
 最初人間だった人が怪じゅうになってもそれはそれでいいと思う。でも戦わずに話し合いをしたらよかったと思った。それなのにひきょうな手をつかってまで殺さなくてもいいとぼくは思う。あのまま、地球へ来なくてどこかの星で静かに生きてた方がよかったのにと思った。

生徒16
 ぼくはジャミラを人間と見るとも、怪獣と見るともどちらとも言えません。それは、どうしてかというと、自分(ジャミラ)が宇宙から帰れなくなって、ばけものみたいになってしまったといって、地球にいる人をおそったり、地球にあるものをこわしてしまうと、怪獣というようにどうしても見てしまうし、それとは反対に人間が変化してしまったもの、人の気持ちが、よくわかっているものというように考えると、人間というように見てしまうからです。ジャミラも、自分が宇宙から帰れなくなってしまったからといって関係のない人をおそったりするのは、いけないと思うし、人間もジャミラが宇宙から帰れなくなってしまったことをみんなに知らせないで、ジャミラを放っておくなんて、何てひどいことをするのだろうと思いました。もっと宇宙からジャミラをどうにかして、助けてやろうという気持ちが、人間にあればジャミラであってここまで、地球の人をおそったり、地球のものをこわさなかっただろうと思いました。やっぱり、ほっておいてもいい人なんていないのだから、みんながもっと一人一人を大切にしなければならないと思いました。ジャミラは死んでしまったけれどこれから、みんなでジャミラの大きな存在を思いだして悪かった所を反省できたらいいと思います。

生徒17
 私は始め、ジャミラのことをかいじゅうとしか思ってた。でも、よく思いだすと、ジャミラは井手さんが、「人間のあのやさしさがなくなったのか」と言ったとき、ジャミラがとまったので、やっぱりジャミラは、人間かなと思った。でもそれはいっしゅんのうちだった。でも、ジャミラは本当は、心がやさしいと思うけど、その心があまり、すなおになれなくて、あんなことをすのだと思う。でも、ジャミラがあんなことをしたのは、みんなに、今までのさみしさなどをわかってもらいたかったのだと思う。あんだけあばれた分、ジャミラはつらかったのだと思う。でもあばれなくても、もうちょっとちがうやり方が、合ったと思った。ジャミラはこわそうにも、思えるけど、でも本当は、とても優しい心の持った人間だと思う。
 ウルトラマンがジャミラをやっつけた時本当にくやしそうだった。ジャミラはやさしい心を持っているけど、それを表せないかいじゅうではないけど、でも人間とも思えないけど、本当にくやしそうだった。

生徒18
 ジャミラはオープニングので棲星怪人ジャミラ登場となっていた。棲星怪人ということは人間ではなく人権もないということなのだろううか、これをつくった人はジャミラを人間と考えずに物語を作ったのだろうか、いいや、もとは人間だったのだから人権は消えないはずである。人権とは死ぬまでの永久の権利なのだ。だからたとえ姿は変わっても人間だったのだからウルトラマンにたおされる時まで人権はちゃんともっていたのだ。「人間としての心はなくなっちまったのかよ」とさけんでいますが、人間の心がないのはむしろ救助にこなかったやつらの方ではないだろうか。ジャミラは最後くやしそうにして地面をたたいていたそのくやしいという人間のような感情があるしイデ隊員がさけんだとき動ようもしていた。それに最後なんとなくジャミラは泣いていたような気がした。いくら姿が変わったからといって、人間としての心を完ぺきになくしてしまったわけではないのだからジャミラも人間としての人権が同じようにあるのではないかと思う。

生徒19
人間かかいじゅうかと聞かれたら、私は、どちらも、答えられない。それは、もとは、人間だったけど、その自分が住んでいたところをこわそうとする。けれど、これは、ゆくえ不明になった自分をさがしてくれなかったから、だれでも腹がたつと思う。でも、ふくしゅうなんて、悪いことだから、私は何とも言えません。

生徒20
 ぼくはじゃみらがかはいそうだとおもう。ロケトじけんてしぱいした そのままにされていいて、おこてきて地きゅうにきてしかえしをするのかな。 
 もしぼくがジャミラだたらすごいばくだんをつくてくるか。すごいエンバンをくくてくる。

生徒21
 私は、ジャミラのことを”怪獣”と見てしまう。いくら昔は人間だからといっても、昔、自分の住んでいたところをはかいしてしまうから、人間とは見れない。だからといって、”怪獣”といってしまったらジャミラはかわいそうだと思う。けど人間と見、こちらが手を出さないで、だまって見ていて、ジャミラがおさまるのを待っていたら、地球の全てがはかいされてしまうと思う。だから、いくらかわいそうでも、あの時はたおすことしか仕方がなかったと思う。
 ジャミラは本当にかわいそうだ。なりたくないと思っていても、あんな怪物になってしまった。その上、ウルトラマンに殺されるなんて、本当にかわいそうだ。しかし、私がウルトラマンでもやはり殺してしまったと思う。ジャミラのことは怪獣とも言えないだろうし、人間とも言えないのではないだろうか?

生徒22
 私は、どっちかというと、ジャミラはかいぶつとして見てしまう。でも、よく考えてみたら、人間と見た方がいいような気もします。ジャミラは昔どんな顔の人だったのかと考えてしまう。なぜかと言うと、かいぶつの姿しか知らないからです。またでもいいので見てみたいと思った。ジャミラは、なぜ町を焼いたりしたのかというと、みんなと分かれてやっと帰ってきたのに、だれ一人ジャミラを見てあげなかったからそんなことをしたと思う。このジャミラのことについては、人の思いやりとかに似ていると思う。ジャミラのことをどう見るかで、その気持ちが変わってしまうからです。『ウルトラマン』と聞けば、ただたんにかいぶつをやっつけると思ってたけど、そうじゃないんだ。と、今つくづく思った。
 もっとジャミラのことを考えるようにします。今は、こんな番組はないけど、もし、これに似たようなのがあったら、ジャミラのことを思い出すようにします。

生徒23
 私はジャミラもいちおは同じ人間だったのだから、もう少し話し合うべきだったと思う。科特隊が「おまえはもう人間の心をなくしたのか」とジャミラにむかって言った時、ジャミラは一瞬止まった。その時のジャミラには、まだ少しでも人間の心が残っていたんだと思う。
 科特隊がとった行動は、本当ならまちがっていたと思うけど戦ってジャミラを殺したことはしょうがなかったと思う。

生徒24
 ぼくは科特隊はいっしょうけんめいやっていたけど、かいじゅうジャミラをあっさり殺そうとしていたのを悪いと思う。実験に失敗したときすぐに助けに行っていたらこんなことにならなかったと思う。それにウルトラマンは、ジャミラと戦っているときに、町をこわしたりして、悪いなあと思った。それに、自然破壊もしてウルトラマンはわるいやつだと思った。

生徒25
 ジャミラをウルトラマンがたおしたのはしょうがなかったと思う。理由は、町とかをはかいしたりしたからわるいと思う。

生徒26
 ぼくはこのビデオを見て思ったことは、人間のとった行動はまちがってはいるけど、このジャミラののったロケットが事故をおこしたことをかくそうとしたのもなんとなくわかるような気がする。

生徒27 
 科学特そう隊とウルトラマンのとった行動は仕方なかったと思う。もと地きゅうの人だったジャミラも今は敵になってしまったからだと思う。

生徒28
 ウルトラマンがしたことは、しかたがないことだと思う。ほっておけばたくさんの人が殺されるかもしれないからだ。星におきざりにされたジャミラは信頼をうらぎられた。

生徒29 
 ウルトラマンとかのとった行動はよかったと思う。かんけいないやつをジャミラがころそうとするからウルトラマンとかのとった行動はよかった。

生徒30
 ジャミラは地球にきて人間の家などを火でもやしたりして人のいやがることをしていたけど、科特隊は上から2台くらい飛行機で、見えないUFOをうって、自然破壊だと思ったけど、そうしないとジャミラがまた、こわしていくから、まだましだと思った。科特隊は見えないUFOのどーしたら、見えるか考えて、すごいと思った。ウルトラマンは最後に出てきて、たたかっていたけど、はたがたおれて、もったいなーと思った。ウルトラマンは、水を出し、なんで出したかなー?と思った。

生徒31
 ウルトラマンたちがした行動は、ただしいと思う。ころしてしまわないと自分たちがあぶないので、ころしてしまった方がよかったとおもう。宇宙は人を変えるほどすごい所なんだなということがわかった。「人間の心はもうないのか」といったときてきはいっしゅん動きが止まったので、少しは心を持っていたと思う。後、いまいち、どこからウルトラマンが出てきたのか、わからなかった。ジャミラは、大先輩にもどってきた礼と、あんな姿になるということを教えにきたように思えました。ちがう国での人でも人間なのであまり殺してほしくなかった。ウルトラマンも仕方がなかったと思う。私ははじめて見たけど、今のマンガではとうていそうぞうできません。昔のものも、もっと再放送してもらいたいです。

生徒32 
 きっと、あの時たたかっていてよかったと思う。だってあの時たたかっていなければ、地球はぐちゃぐちゃになっていただろうと、そのかいぶつも、地球をぐちゃぐちゃにしたぐらいでおさまっていなかっただろうと思う。ジャミラも地球にもどって来れたんだから、自分のような事件がおきないように見守っていてほしかった。

生徒33
 ウルトラマンはいろいろはかいしてたやつをたおすのは、いいことだと思う。ウルトラマンはあのかいじゅうをころしてしまったのは少しかわいそうだった。話をすればわかるんとちゃうかな?

生徒34
 ウルトラマンは強い。しぜんはかいはあかん・・・と思う。だからといって、あのかいじゅうのあのかいじゅうの命を命をうばうなんて・・・。   ちょっぴりかわいそう。でも、それで良かったんじゃない?ウルトラマンは正しいかな?

生徒35
 べつにしょうがないと思う。地球のためにもジャミラのためにもあんで良かったと思う。にくしみの心を持ったまま生きていたらジャミラはもっとかわいそうな人になるところだった。

生徒36
 少しジャミラもかわいそうだなと思う。うちゅうでまよって地球にやっとかえってこれても私もそんなんだったら人をうらんでると思う。かわいそうだけど、地球のためには良いことだと思う。

生徒37
 ジャミラをほっておけば、被害者がたくさん出ていたから科特隊とウルトラマンのしたことは、あれで良かったと思う。ジャミラが実験で死んでしまったことを、かくしとおした国が一番の原因だと思う。科特隊とウルトラマンは正義のために戦った。ぼくは、ウルトラQというのを見たことがある。レンタルビデオで借りて、見たこともある。

生徒38
科特隊の所からジャミラをかいじゅうのままでたおせ、ときいたときは、どうして、そのままにしておいたのだろう。どうして、失敗したのなら、失敗をみんなに言わないんだろうと思った。
 今日見たウルトラマン対ジャミラを見るのは初めてだけど、サティーで、ウルトラセブンは2、3回見たことがあるような気がする。それと、ジャミラは地球をうらんでいても、地球で死ねたんだから幸せだと思う。

生徒39
 ウルトラマンのとった行動はよかったと思う。理由は、会議のじゃまをしたジャミラをやっつけたから。

生徒40
 よかったんじゃないんですか。ぼくはそう思う。ウルトラマンのとうじょうがちょっとおそかったように思える。ちょっとむざん。ウルトラマンの水でこうげきはなにかな?

生徒41
 ぼくはこのビデオを見て思った。ウルトラマンの行動はまちがってないと思う。理由はジャミラが会議をじゃましたから。

生徒42
 ぼくは、今日のビデオに出てきたウルトラマンがとった行動は、しかたがなかったと思う。だってジャミラは、人間の心がなくなってしまったから。ウルトラマンは久しぶりに見た。

生徒43
 地球の平和会議を妨害しようとしたり、民家をこわしたりしたジャミラは、悪いが、もとは人間で、その仲間の人間が、そのジャミラを宇宙の中に放っておいたことが悪いんじゃないかと思う。科特隊やウルトラマンもわざわざ殺さなくても、もとの姿にもどしてあげたり、何かほかの策がなかったのかと思う。

生徒44
 ジャミラは、かいぶつになって地球をつぶそうとしたんだからたおされてよかったと思う。理由はジャミラはかいぶつになってしまったんだから、もうしんでもいいと思ったから。

生徒45
 あれは、あれでよかったんだと思う。なぜならば、あのかいじゅう(人間)のために、全世界の人々が苦しむとなると、そっちの方が大へんだと思う。だから、やっつけてよかったんだと思う。そして科特隊が最後にお墓を作ってあげて、とても心のやさしい人だと思った。ぼくは再放送か何かで見たことがある。

生徒46
 ウルトラマンたちはジャミラを殺さなければほかの人が死ぬから仕方なかったと思った。

生徒47
 ジャミラは、みんかをやきつぶした。みすてられただけで、そんなことしなくていいのにな。ウルトラマンをそんなに見ない。おもしろくない。わけわからん。

生徒48
 実験とかに、人をつかうのはよくないと思った。人を犠せいにしてまでどうして宇宙とかに飛ばすのかなと思う。その人が宇宙とかに飛ばされてどこかの星について その環境に合うようになった。それがまた地上に帰ってきて地球人のてきになったけどそうなってもしかたないと思うけど、科特隊とかは殺してしまったけどあのままほっといたら地球人の方が殺されてしまうからしょうがなく殺したんだと思う。

生徒49
 科特隊とウルトラマンがジャミラにした行動は、良いことだとは思わないけど、そうしないと地球がこわされてしまうから しょうがなかったと思う。でも最後に土にうめてあげたから、良かったと思った。ウルトラマンはビデオなどで、見たことがある。ついでに弟が好きだから、人形いろいろな種類がたくさんあります。だからだいたい知っている。

生徒50
 科特隊とウルトラマンは、ジャミラをたおしたけどそれはしょうがないと思う。たおさなければ地球のたくさんの人が死んでしまうと思うし、ぎせいがたくさんでるから。でもうめてあげたのは良かったと思った。ジャミラも少しはうらみがなくなったんじゃないのかと思った。

生徒51
 ウルトラマン見たことあります。
 科特隊の人たちは、本当にジャミラを殺すのはイヤだったと思う。それに、あの人たちは、別に自分たちがジャミラを宇宙飛行士として送ったわけじゃないのに、本当に、自分たちが悪かったみたいに、ジャミラの気持ちを分かってあげた。それは、本当の正義だと思う。ジャミラは、かわいそうな人だと思った。実験に失敗したために、あんなかいぶつのような人になってしまった。どうして、実験に失敗したらいけないんだろう。誰でも失敗はあると思うのに。そういう考えがないから、ジャミラを助けてあげなかったんだろうけど。少しはそういう考えを持っていたらきっとジャミラはなんなかいぶつのような人ににはならなかっただろう。人間は、失敗したときのぎせいになる人のことを考えているのかな。私は、絶対に考えないといけないと思う。

生徒52
 しかたないことだ。ジャミラはかわいそうだけど地球であばれるからかがくとくそうたいのやったことはほかにほうほうがなかったらかしかたない。

生徒53
 ジャミラという人がとった行動は、どんな理由があってもゆるされることではない。けど、科特隊とウルトラマンは、あそこで殺すべきではなかったと思う。人は人を裁くことはできません。やむをえない時は、裁判にかけるべきです。汝の敵を愛せよ、です。ジャミラ君はそこに欠けていたのだけど、ちょっとかわいそうだった。人が信じられないのはつらいことです。科特隊とウルトラマンも、苦しんで、嘆きながら結論を出したし、人間にとって、自分を裁いてばっすることができるのは、自分だけでしょうから・・・。

生徒54
 ウルトラマンと科特隊がとった行動について、私は、もとは人間なので、もうちょっと話し合っても良かったんじゃないかと思う。そのジャミラも悪いことをしていたのでみんなで仲良くはいかないかもしれないけれども、殺さなくてもいいと思った。科特隊が「おまえはもう人間の心をなくしたのか」と言った時にジャミラがいっしゅん止まったというところが印象的だった。

生徒55
 国のはじとかで、一人の人を死なせたりするのは、おかしい。確かに、ジャミラはかいじゅうになったけども、科特隊と同じ人間なんだから、この人たちのとった行動は絶対に正しいとは思えなかった。ジャミラは、ふくしゅうしょうと思ってもあたりまえだと思った。悪いのは、その国の人たちなんだから、関係ない人をまきこむのは悪いと思う。かわいそうだと思ったがこうなって良かったのかな? と思った。


あとがき

「人間」の境界 -- ジャミラに学ぶ
人間として扱われる者、そうでない者、人間になりたがる者、人間になれない者。

ジャミラ紹介
ウルトラマンにジャミラという怪獣がいました。ウルトラマンファンや、当時リアルタイムでウルトラマンを観ていた人たちのあいだでジャミラの存在は衝撃的であったという話をウェブで見ることがあります。その理由とは、ジャミラが実は異星人ではなかったというものでした。ある有人衛星の打ち上げが失敗に終わりそれをある国家が秘密裏に破棄したことから、中にいたフランス人女性宇宙飛行士が不時着した星でその身体を環境に適応させ、衛星を修理して、復讐のために地球に戻って来たのがジャミラだったのです。ジャミラは世界平和のための国際会議が行われているある場所に向かって進んで行きます。水に弱いことが分かり、ウルトラマンの水を使った攻撃に息を引き取る直前まで、会場外にある各国の国旗を1つでも多く倒そうと試みます。そして、ある国家の国旗に手を伸ばしかけたそのとき、ちょうど息絶えるのです。

「元人間の怪獣」と「ただの怪獣」
確かにこの事実は衝撃であったでしょう。国旗のシンボル性を忘れていなかったジャミラは、そして復讐心を持ったジャミラは、確かに人間らしかったと言えましょう。そしてイデ隊員の「俺達だってなあ・・・いつジャミラと同じ運命になるか知れないんだぞ!」というセリフに、「同じ人間を殺すことなど出来ない」と多くの子供たちが思ったことでしょう。この話は、しかしそれよりももう1つ他に僕たちに教えてくれています。それは、ウルトラマンが敵を殺すその事実を、ジャミラの場合にのみ議論の余地のある controversial ものだと看做す僕たちの視点です。そこには、人間でないものは殺してもよいという発想があります。

一見なんの問題もなさそうです。人間でないものが殺されている例など、そこら中に転がっています。そしてその実例があるからこそ、僕たちは食事が出来るのです。しかし、最低限の人権 Human Rights が認められていない人々が、この世にはいます。そして、有色人種や、特定の国籍を持つ者、同性愛者、障害者、インターセックスなど、様々な人々が人間として扱われていなかった歴史があります(また、今でもその名残はあります)。ウルトラマンの文脈で言えば、彼ら彼女らは、ジャミラではありません。ジャミラ「以下」の、「ただの」怪獣です。その人間性すら剥奪され、もしくは無視される存在です。ジャミラは「元人間」だったから、哀れんでもらえました。視点を変えて言えば、制作側は、怪獣を「ただの怪獣」じゃなくて「元人間の怪獣」と設定することで、やっと初めて観衆に「怪獣を殺すこと」の正当性を疑わせることが出来たのです。

語られる者、語る者、語れない者、語られない者
僕たちは、語りの場にいる者が合意に至ることで最良の結論が出せると無邪気に思ってしまいがちです。語ることの出来ない者は、別の言い方をすれば、人間として扱われていない者は、何も主張することが出来ません(語る権利すら!)。そして僕たちは、世界に常に「語られることのない者」がいることを忘れてしまいがちです。そして、それを恥じるメンタリティを持つべきではありませんか。

ジャミラを見て初めて「怪獣も人間かもしれないから、短絡的に殺すのはまずい」と思うことに、どんな意味がありましょうか。黒人が人間であることに今頃気づいて「黒人だって人間なんだ!」と言うことに、どんな正義がありましょうか。そして、労働者が人間としての尊厳を勝ち取ったとき、共闘したにも関わらず同じ尊厳を得られなかった女たちは、「人間」になれず、だから誰にも「女だって人間なんだ!」と言ってもらえず、自分たちでその言葉を探したのです(フェミニズム)。

フェミニズムにとっての勝利とは
しかしフェミニズムは歴史を経るにつれ、「女だって人間なんだ!」という物言いをしなくなってきました。人間としての同権を求めるのではなく、「男だけが人間だというならそれでもいい。『人間』なんてクソくらえだ。人間じゃなくて何が悪い、差別されてたまるか」と言ってのけるフェミニズムに、どれだけの女が、障害者が、セクシュアルマイノリティが、そしてあらゆる被差別者が救われたことでしょう。ひびのまこと(日比野真)さんは、セクシュアルマイノリティが変態だというならそれでもいい、変態が変態のままで差別を受けずに住む社会を! という姿勢で活動をしていらっしゃいます(僕の解釈が間違っていたら、教えて下さい)。誰が人間で誰が人間でないのかを決めるその決定が政治的であるとき、ただ「自分も人間だ」とクレイム申し立てすることは、その構図を、その決定を、そしてその政治性を暗に肯定してしまいます。「男と同等に! 同権に!」と言っていた時代を、フェミニズムは既に通過しました。そこから僕たちが学べることは大きいです。

尊厳
「人間だから、尊厳がある」という価値観を迷わずに信じることは、美しく見えます。しかし、その価値観がつまりその逆「人間でないものには、尊厳がない」ということを意味していると、そしてそこに該当する人間がいると忘れてしまいがちな僕たちの悪い癖に、もう少し敏感になれればいいなと思います。




ジャミラの豆知識

ジャミラの名は、アルジェリアの独立闘争で惨殺された少女の名に由来するといわれる。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 1135人

もっと見る

開設日
2006年9月26日

3979日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!