mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 坂口征夫

坂口征夫

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年8月15日 00:20更新

「荒鷲ニ世・坂口征夫」を応援するコミュニティです。
皆さんで坂口征夫選手を応援し、盛り上げて行きましょう。




坂口 征夫(さかぐち ゆきお、1973年7月26日 - )
東京都出身。坂口道場横浜所属。
身長、体重:177cm、74.2kg
格闘技歴:柔道三段、空手、ブラジリアン柔術、総合格闘技



明大中野中学・高校と柔道を経験。柔道二段の腕前であり、
坂口道場の道場長も務めている。

当初はプロレスラーを目指していたが身長が低く断念。
高校卒業後、建設会社に就職し、土木作業員として働く一方、27歳で空手を始め、東都空手道選手権で準優勝、ルーキーチャレンジカップで優勝した。

30歳の時に、柔道時代の先輩にあたるGRABAKAの菊田早苗に相談し、総合格闘家になることを決意。

2006年9月16日、パンクラスのアマチュア試合「パンクラスゲート」に出場。
小野明洋と対戦し、2R膝蹴りによるKO勝利。

パンクラスゲートでの勝利により、12月2日にプロデビュー予定であったが、
練習中に右足薬指を骨折し、プロデビューが遅れた。

2007年4月27日、パンクラスでプロデビュー。
チェ・ヒュンソクと対戦し、左ストレートでKO負け。
父のテーマ曲「燃えろ荒鷲」で入場した。33歳でのプロデビューとなった。

2007年7月27日、パンクラスでチェ・キーソクとプロ第2戦目を行い、スタンディングでのチョークスリーパーで一本勝ち、プロ初勝利を挙げた。

2007年10月14日、パンクラスで本田朝樹とプロ第3戦目を行い、喧嘩のような打撃戦を繰り広げたが、ヒールホールドで一本負け。

2008年4月27日、階級をライト級に下げ、パンクラスで高橋渉とプロ第4戦目を行い、打撃・サッカーボールキックであと1歩のとこまで追い詰めたが、腕ひしぎ十字固めで逆転の一本負け。

2008年5月に自ら横浜市都筑区仲町台に、「坂口道場横浜」を設立。

2008年6月1日、パンクラスで倉持昌和とプロ第5戦目を行い、膝蹴り・踏みつけで相手を追い込み、1RサッカーボールキックでKO勝ち。

2008年6月28日、TRIBELATE vol.18で北崎鎮とエキシビションマッチを行った。

2008年10月26日、パンクラスで同団体ライト級4位の五十里祐一とプロ第6戦目を行い、1Rに右フックでKO勝ち。試合後には、「実力が及ばないのは分かっている。でもお祭り的な要素として、呼んでいただけるなら出たい。憲二を担ぎだしてもいい」と年末年始のビッグマッチ参戦をアピールした。
また、この勝利でパンクラスライト級4位となり、初のランキング入りを果たした。

2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜でアンディ・オロゴンと対戦。右アッパーでダウンしたところにパウンドを受け失神、KO負けとなった。

2009年6月7日、パンクラスで戦極ライト級王者北岡悟と対戦し、アキレス腱固めで一本負け。

2009年9月19日公開の映画『カムイ外伝』(松竹配給)で俳優デビューし、「渡り衆」として出演した。

2009年11月23日、修斗で行われた修斗 vs. パンクラスの対抗戦で朴光哲と対戦し、ストレートでダウンをとりあと1歩まで追い詰めたが、カウンターの左フックで大逆転の失神KO負けを喫した。

2010年2月21日、パンクラス事務所で会見を開き、身体のダメージなどを理由に現役引退を発表。

2010年4月4日、パンクラス興行で引退セレモニーが行われた。

引退後は、2010年10月5日にドラマ『クロヒョウ 龍が如く新章』に地下闘技場ファイター、TOMOKIとして出演したほか、
2010年11月に劇場公開される映画『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』に田崎被告役で出演するなど、俳優としての活動が主となっていた。

また、指導者としての技術も高く、引退後丁寧に指導した所属選手の活躍も目立った。

結果としてこのことが坂口征夫の格闘家としての魂を呼び起こし、
同年12月30日に行われる『戦極Soul of Fight』にて、
格闘家として現役復帰することを発表。引退からわずか8ヶ月での復帰となった。

復帰にあたってはその賛否が叫ばれるのは本人も自覚しており、
引退セレモニーに携わった関係者、ファンなどすべての方に謝罪し、
今後の戦いで答えを出したいとしている。

なおスポーツ紙の取材に対しては「次にリングを下りるときは死ぬ時」と語っており、今後は生涯現役を貫く構えを示している。

 
坂口道場
住所:横浜市都筑区仲町台1-2-28ヨコハマパレス104号
TEL:045-950-9244
アクセス:横浜市営地下鉄仲町台駅より徒歩1分
HPアドレス:http://sakaguchi-dojo.jp/yokohama/

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 150人

もっと見る

開設日
2006年9月17日

4024日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!