mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > リチャード・ダッド

リチャード・ダッド

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年3月24日 13:30更新

リチャード・ダッドは広く主題を求め、非常に細密な筆致で美しい絵画を描き上げる一方、

私生活では実父を殺害するなど奇行やぶさかない人物だったようです。



=========== 以下、ウィキペディアより抜粋===========


1817年イギリス、ケント州で生まれたダッドは13歳から絵を描きはじめ、
20歳でロイヤル・アカデミー美術学校に入る。
その年に『眠るティターニア』と『パック』が評価された。

1842年7月、弁護士であるサー・トーマス・フィリップの旅行の同伴画家となり、
ヨーロッパや中東を回る。この旅行中の同年12月頃に精神に異常をきたしはじめる。

当初は日射病によるものと思われていたが、
「自分はエジプトの神、オシリスの使者であり、同行者には悪いものが憑りついているので
殺さねばならない」
などの妄想が激しくなり狂暴になっていった。

翌年の1843年の春、家族の勧めでケント州郊外コブハムにて療養する。
同年8月に父親と公園を散歩中に「中にいる悪魔を殺すために」
ナイフで父親を殺害。

フランスに逃亡しパリで観光客を殺害しようとしたところで逮捕される。
正常な状態ではないと判断されたためフランスの精神病院に10ヶ月ほど収容された後、
イギリスに戻されたダッドは、王立ベスレム病院(ベドラム)に収容された。

20年後の1864年7月に収容者過剰のためにバークシャーのクローソーンにある
ブロードムーア病院へ転院し、生涯を終えるまでを過ごした。


=================ここまで==========================



有名な話としては、クイーンのセカンドアルバム「クイーン?」に収録されている

「THE FAIRY FELLER'S MASTER-STOKE」(邦題 フェアリー・フェラーの神技)

は、フレディー・マーキュリーがロンドン、テートギャラリーに通い、ダッドの代表作を見て

触発されて作ったとの事です。


絵の和題は「お伽の樵の入神の一撃」です。





以下、初代管理人さんのコミュニティ説明ですので、残しておきます。

====================================================


父親を殺し、ガラスを食べ、見えないものと会話する。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 81人

もっと見る

開設日
2006年9月12日

3995日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!