mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 近藤浩一路

近藤浩一路

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年1月10日 14:23更新

近藤 浩一路
--------------------------------------------------------------------------------
KONDO Koichiro
1884-1962(明治17-昭和37)
水墨画家・漫画家

山梨県南巨摩(こま)郡に生まれる。
本名浩(こう)。

号土筆居・画蟲斎。

静岡県韮山(にらやま)中学校を卒業。

1910(明治43)年に東京美術学校西洋画科を卒業。
同級生に藤田嗣治や岡本一平(岡本太郎の父)らがいた。
卒業後、一平は朝日新聞の漫画記者となり、
浩一路も大正初期から読売新聞に漫画や挿絵を描き、
二人は漫画にユーモアのきいた短文を付けた「漫画漫文」のスタイルで売り出した。
夏目漱石の小説『坊っちゃん』や『吾輩は猫である』を漫画にしたことでも知られている。


1915(大正4)年読売新聞社に入社して漫画や挿絵を描き、
菊池寛や芥川龍之介らと交友を結んだ。

1918(同7)年、第4回珊瑚会(平福百穂・小川芋銭など)への参加を契機に水墨画を始め、
同会には第7回展まで出品を続けた。

1921(同10)年再興日本美術院の同人となる。

1922年、約半年フランスに滞在。翌年京都に転居。

1931(昭和6)年再び渡仏し、アンドレ・マルローと親交を結ぶ。

1936(同11)年日本美術院を脱会し、東京に転居する。
戦後は中川一政・小杉放庵らと墨心会を結成すると共に、日展に出品し会員となる。

トップ画像 
近藤浩一路「潦(仲秋)」
1936年
紙本墨画
60.2×75.4

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2006年9月10日

3971日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!