mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ゲーム > 〜DAGGER〜 戦禍の絆

〜DAGGER〜 戦禍の絆

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2009年12月26日 02:11更新

そこは、小さな島国。
その世界は三つに分かれていた。
そして、そこには三種類の種族が共存していた。
人間と精霊族と魔族が、それぞれに住んでいた。

人間は、草原に。
精霊族は、森に。
魔族は、荒地に。

種族間の仲もよく、全ては平和に過ごしていた。
笑顔があふれ、笑い声は音楽のように響き渡る。
みんなが笑っていられる、そんな平和な世界。

そんな場所だったのに、今は、見る影もない。

大地の枯渇にともなって起こる、種族間の諍(いさか)い。
食料の減少によって起こる飢えと、それにより明確になる権力の差。
互いが互いを疑い、監視をしあい、余裕(ゆとり)のない世界ができあがる。
そこにあるのは、疑心暗鬼。

世界は、張り詰められた糸のようだった。
その糸は、緊張に耐えることができずに、切れることしかできなかった。
きっかけは、誤解から。
ある魔族の国王が、ある人間の国に攻め込んできたという誤った情報が、大陸中を駆け巡る。
事実は、魔族の王が少なくなってきた食糧の交渉をしに、人間の国へ出かけただけのことなのに。
そして、その情報が全ての緊張の糸を簡単に切り裂いた。

こうして、大戦は始まった。
悲しき血の海を、大陸に撒き散らすかのように。
最初は一滴だった血が各地に広がり、そして世界に広がった。
誰が望んだわけでもない戦い。
ただ、そうしなければ、生きられなかった。
そうしなければ、誰かに殺されていた。

誰が何をしようとも、無関係に月日は流れる。
戦い、血を流し、傷つき、倒れ、悲しみ、憎しみ、いがみあい、怒り、また戦う。
終わることのない連鎖。
それこそ、無機質な鎖をまわすように、同じ行為は続けられる。
いつしか、相手の命を奪うことが目的になり、自分以外の種族を認めようとしなくなった。

終わることがないと思われた大戦。
それも、人間と魔族の王の必死の呼びかけにより、五年前に終結した。
平和というには程遠い、そんな不安定な状態で。

これは、その大戦を最前線で生きてきた、人間の戦士のお話。
ティスト・レイアの物語である。

・・・・・公式HPのあらすじより抜粋


+++


ここはBLACKGAMER氏により製作されたオリジナルファンタジーノベルゲーム「〜DAGGER〜 戦禍の絆」を応援するコミュニティです。


+++

〜DAGGER〜 戦禍の絆
http://blackgamer.sakura.ne.jp/DAGGER/game.html


The sense of sight (BLACKGAMER氏のサイト)
http://blackgamer.sakura.ne.jp/


+++


DAGGERをご存じない方へ
ただ今アイシス・リンダントのみ攻略可能な体験版が、公式にて無料公開中!
ワンヒロイン丸々攻略可能なので、暇な方もそうでない方も、老若男女関係なくやるべし!
この機会を見逃すな!!!
(ダウンロードはここから↓
http://blackgamer.sakura.ne.jp/DAGGER/game.html

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2006年9月9日

4118日間運営

カテゴリ
ゲーム
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!