mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > ヱヴァンゲリヲン新劇場版

ヱヴァンゲリヲン新劇場版

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年6月25日 09:24更新

我々は再び、何を作ろうとしているのか?


「エヴァンゲリオン」という映像作品は、様々な願いで作られています。

自分の正直な気分というものをフィルムに定着させたいという願い。
アニメーション映像が持っているイメージの具現化、表現の多様さ、原始的な感情に触れる、本来の面白さを一人でも多くの人に伝えたいという願い。
疲弊しつつある日本のアニメーションを、未来へとつなげたいという願い。
蔓延する閉塞感を打破したいという願い。
現実世界で生きていく心の強さを持ち続けたい、という願い。
今一度、これらの願いを具現化したいという願い。

そのために今、我々が出来るベストな方法がエヴァンゲリオン再映画化でした。
10年以上昔のタイトルを何故今更、とも思います。
エヴァはもう古い、とも感じます。
しかし、この12年間エヴァより新しいアニメはありませんでした。

閉じて停滞した現代には技術論ではなく、志を示すことが大切だと思います。
本来アニメーションを支えるファン層であるべき中高生のアニメ離れが加速していく中、彼らに向けた作品が必要だと感じます。
現状のアニメーションの役に少しでも立ちたいと考え、再びこのタイトル作品に触れることを決心しました。

映像制作者として、改めて気分を一新した現代版のエヴァンゲリオン世界を構築する。
このために古巣のガイナックスではなく自身で製作会社と制作スタジオを立ち上げ、初心からの再出発としました。
過去にとらわれず、現状に甘えず、進歩ある未来を目指すためです。
幸いにも旧作からのスタッフ、新たに参入してくれるスタッフと素晴らしい面々が集結しつつあります。
旧作以上の作品を作っている実感がわいてきます。

「エヴァ」はくり返しの物語です。
主人公が何度も同じ目に遭いながら、ひたすら立ち上がっていく話です。
わずかでも前に進もうとする、意思の話です。
曖昧な孤独に耐え他者に触れるのが怖くても一緒にいたいと思う、覚悟の話です。
同じ物語からまた違うカタチへ変化していく4つの作品を、楽しんでいただければ幸いです。

最後に、我々の仕事はサービス業でもあります。
当然ながら、エヴァンゲリオンを知らない人たちが触れやすいよう、劇場用映画として面白さを凝縮し、世界観を再構築し、
誰もが楽しめるエンターテイメント映像を目指します。

2007年初秋を、ご期待下さい。

原作/総監督 庵野秀明
2006 09/28 晴れの日に 鎌倉にて


『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』 2007年9月1日公開
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 2009年6月27日公開
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』+『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:?』 公開日未定

スタッフ

原作・脚本・総監督/庵野秀明
監督/摩砂雪、鶴巻和哉
主・キャラクターデザイン/貞本義行
主・メカニックデザイン/山下いくと
音楽/鷺巣詩郎
制作/スタジオカラー
共同配給/クロックワークス、カラー
宣伝/カラー
製作/カラー

キャスト

碇シンジ/緒方恵美
綾波レイ/林原めぐみ
式波・アスカ・ラングレー/宮村優子
真希波・マリ・イラストリアス/坂本真綾
葛城ミサト/三石琴乃
赤木リツコ/山口由里子
渚カヲル/石田彰
碇ゲンドウ/立木文彦
冬月コウゾウ/清川元夢
伊吹マヤ/長沢美樹
青葉シゲル/子安武人
日向マコト/優希比呂
鈴原トウジ/関智一
相田ケンスケ/岩永哲哉
洞木ヒカリ/岩男潤子
キール・ローレンツ/麦 人

http://www.evangelion.co.jp/

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 50056人

もっと見る

開設日
2006年9月6日

3947日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!