mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 後桜町天皇

後桜町天皇

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月18日 13:13更新

後桜町天皇(ごさくらまちてんのう)

後桜町天皇は、元文5年8月3日(1740年9月23日) -文化10年閏11月2日(1813年12月24日)江戸時代の第117代天皇(在位:宝暦12年7月27日(1762年9月15日)- 明和7年11月24日(1771年1月9日))。

江戸時代最後、また、2006年現在最後の女帝。

幼名を以茶宮(いさのみや)・緋宮(あけのみや)、名を智子(としこ)という。(なおはじめ智子を「さとこ」と訓じたが、霊元天皇の名「識仁」と音が通うため、「としこ」に改めたのである。)

【系譜】
第115代桜町天皇の第二皇女。母は関白左大臣二条吉忠の娘で桜町女御の青綺門院・藤原舎子。姉に早世した盛子内親王、異母弟に第116代桃園天皇。

【略歴】
宝暦12年(1762年)、桃園天皇の遺詔を受けて践祚。同帝の皇子英仁親王(後の後桃園天皇)が五歳の幼さであった為、中継ぎとしての皇位継承である。

また彼女の即位で、明正天皇以来119年ぶりの女帝誕生となる。

在位九年の後、明和7年(1770年)、後桃園天皇に譲位。しかし、この御代は長く続かず、安永8年(1779年)皇子を残さぬまま後桃園天皇が崩御。後桜町上皇は廷臣の長老で前関白の近衛内前と相談し、伏見宮より養子を迎えようとしたが、結局現関白九条尚実の推す9歳の師仁王(閑院宮典仁親王六男、のちの光格天皇)に決まった。

皇統の傍流への移行以後も、後桜町院は上皇として幼主をよく輔導したといわれる。ことに寛政元年(1789年)の尊号事件に際し、「御代長久が第一の孝行」と言って光格天皇を諌めたことは有名である。

文化10年(1813年)、74歳の高齢で崩御。文筆にすぐれ、宸記・宸翰・御詠草ともに多数存するほか、『禁中年中の事』という著作を残した。学問を好み、譲位後、院伺候衆であった唐橋在熙や高辻福長に命じて、『孟子』『貞観政要』『白氏文集』等の進講をさせている。

【在位中の元号】
宝暦 (1751年10月27日 - 1764年6月2日
明和 1764年6月2日 - (1772年11月16日)

【陵墓・霊廟】
京都市東山区今熊野泉山町の月輪陵(つきのわのみささぎ)に葬られた。
===========================================
はじめましてはコチラから
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=10089130&comm_id=1281892

最後の女性天皇について学術的に大いに語りましょう。

【宮内庁】
http://www.kunaicho.go.jp/
===========================================
○トピタテ自由です。
乱立を防ぐために既存のトピを確認してから新規のトピを立てるよう、ご協力をお願いいたします。

○勧誘や何らかの営利目的にこのコミュを使用することはおやめください。

○万が一にこのコミュに書かれている事で個人が不利益を負った場合、このコミュは責任を負いません。利用や引用はされる方々自身の判断にお任せいたします。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 16人

もっと見る

開設日
2006年9月5日

3917日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!