mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > MD5 INTERNATIONAL小学校を作る

MD5 INTERNATIONAL小学校を作る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年6月7日 13:27更新

勉強がしたくても出来ない貧しい国の子供たち、大人たちのためにパイロットが立ち上がる学校建設プロジェクト。
お金のない人にお金を寄付しても、全部使ってしまえばまたお金のない生活をしなくてはならない。
本当に必要なのはお金を稼ぐ手段を教えること。そのためにまずは字を読むこと、書くことから始めます。
読み書きが出来るようになって初めて勉強が出来るのです。
私たちは世界に広いネットワークを持っているという自分たちの職業の特性を生かし、学校を建てるために立ち上がります。みなさんも一緒に考えましょう。

私たちが当たり前に字を読んだり書いたり出来るのは親から教えてもらったり、学校に通うことが出来たから。この広い世界からみたら、これはとても貴重なもの。
たいていは親も字が分からないので子供に教えることは出来ず、収穫の少ない畑の世話で子供も忙しく、学校に行ける時間もなければお金もなく、そもそも学校がない。
だからといってお金を援助しても、使い切ってしまえば元通り。
だから援助は意味がないのです。

大事なのは・・・そこの土地の人間だけで何でもやること・・です。
分かりやすく言うと、まず学校の建設をそこの住民で。先生は最初はしっかり教育を受けた人が行います。その後はそこで教わった住民が先生として教育を行います。そしてまた教わった住民が・・・というループを作ることで、識字率が上がり、先生が増え、学校が増え・・

私たちは何をすればよいかというと、お金を集めて寄付するのではなく、そのお金を学校建設の材料(現地で買う)にかかる費用と建設のために働いた住民への賃金、先生に対する賃金などに充てます。
こうして現地住民は働くことによってお金を稼ぎ、学校建設の技術や、教育方法などを学んで行き社会が作られます。そのためのお金は日本から、現地で調達する材料や働いた現地住民に渡るためその国が金銭的に潤いますね。働いて学ぶべきことを学び、それによって給料をもらうことで住民の活性化や、知識を得ることで不平等貿易などの解消に繋がっていくと考えられます。

私たちが集めたお金は、働いた対価として現地住民に払われるため、寄付ではなく、私たちと現地住民との間には貸し借りの関係は一切なく、立場も平等です。お金は貧しい環境から抜け出すきっかけに使われるということです。ほんとに些細なきっかけなのですが、このちょっとのきっかけがないために困っている国がたくさんあるのです。

お金の集め方は・・・自分らで趣味で組んでいるバンドによるチャリティーコンサートや、パイロットやキャビンアテンダントが作るアクセサリー販売などなどを行います。私たちは本業の方で給料を得ていますので、チャリティーやアクセサリー販売等で得た利益は全てこのプロジェクトのために使います。これが最大の利点だと思います。

このようにいろいろ難しいことを書いてしまいましたが、勉強をしたがっている子供の笑顔を求めて、順次展開していきますので、応援してください!!

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 15人

もっと見る

開設日
2006年9月5日

3917日間運営

カテゴリ
会社、団体
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!