mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > あっちゃんの小説

あっちゃんの小説

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年3月26日 22:13更新

はじめまして。

東京で獣医修行をやっています。

趣味で小説や詩を書いて、

3年くらいになります。

よしもとばななさんに、

「かなり好きな感じ。」

とお褒めの言葉をいただき、

嬉しかったので作ってみました。

たくさんの人に共感を持って頂ければ嬉しいです。

どんどんコミュニティに入って下さい。

どうぞよろしくお願いします。

あ、あと動物のことで聞きたいことがあれば、

いつでも聞いてきてくださいね。

「あまりあまり この世は ひどいことが 多いから

 せめてせめて 物語は 美しいままで おいとこうよ」

                浅井健一

僕からみなさんへのご挨拶
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=10187188&comm_id=1273427


はじめましてトピック
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=10034486&comm_id=1273427


みんなの小説や詩を見せ合うトピック
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=10358444&comm_id=1273427


みんなの写真を見せ合うトピック
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16854556&comm_id=1273427


みんなでダベろうぜ〜いトピック
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=11370207&comm_id=1273427


大声で叫んでやろうぜートピック!!
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=20443855&comm_id=1273427





「花」

この世界中のお花はね
全部ね
お母さんにあげるの
りゆうなぁんてなぁいよ
お母さんにあげる





「お月様」

毎晩いるんだもん
君のコト信用しちゃうよ
だって毎晩いるんだもん
僕がさみしいとき
毎晩いるんだもん
君のコト信用しちゃうよ





「涙」

何で泣くか知ってる?
君がいるからだよ
いつも笑って
涙を受けとめて
くれるからだよ




「子供」

神社に続く階段を

のぼったとしても

そこにいるのは

子供の頃の僕

どこまでも階段をのぼっても

まぁだだょって

子供の僕は笑ってる




「夜」

夜になると僕は歌う

すてきな気持ちを言葉に

かえて歌うの

そうすると

君は幸せそうな顔をして

眠るの





「風」

風が呼んでいる

僕をつかまえて
    みなって

僕となら
 どこまでも
   いけるよって





「かくれんぼ」

その木の

 うしろに
  
  かくれてるの

 バレてるよ

だって

木が

 わらってるもん





「そのままでいてね」

君は

眠りから覚めて

ぼうっとしてるね

あくびして

窓の外を見つめてる

僕も起きてるのに気付くと

そっと

笑ってくれる

少しなにもしないでいると

自然で

僕たちは透き通る

風みたいに

君に好きって伝えると

泣いた

ねぇ

そのままでいてね

みんながみんな

安心するから

そのままでいてね

君の涙が好きだから

ねぇ

そのままでいてね









みなんさん、ほんとにありがとう…。

これからも、どうぞよろしくおねがいします。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 371人

もっと見る

開設日
2006年9月3日

3981日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!