mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 宮沢賢治の絵本

宮沢賢治の絵本

宮沢賢治の絵本

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月18日 07:29更新

2年ほど前に、近所に住んでいる絵本友達がお薦めの1冊だと言うことで、宮沢賢治の伝記を絵本にした本を貸してくれました。

「そうだ宮沢賢治は中学生の頃に好きで、よく読んだんだ」と思い出しましたが、40年以上昔の話で、筋もうろ覚えになっていました。

そこで宮沢賢治の全集を買ってきて読み直してみたところ「面白い」、大人になって読み直しても面白い、これは意外でした。こんなおり図書館で一冊の宮沢賢治の絵本が目に止まりました。

「水仙月の四日」に大好きな伊勢英子が絵をつけている絵本でした。伊勢英子の透き通るような雪国の絵に、宮沢賢治の文章がついている「雪婆んごは、遠くへ出かけて居りました」。

絵本のページをめくるたび、面白さが倍増されてきます。これはたまらない。
絵本の魅力にメロメロに打ち負かされて、「マイッタ」状態になったところに、黒井建が同じ話に絵をつけているのを知りました。「同じ筋なのにこんなにイメージが変わるのか」どちらも心のどこかをキュっと掴んでくる魅力があります。

この2冊の絵本が「宮沢賢治の絵本」への扉を開いてくれ、いまでは、宮沢賢治の絵本の絵本の面白さにどっぷり漬かっています。

絵本、宮沢賢治、Mixiのすべての新人ですが、宮沢賢治の絵本の楽しさを語り合える場が欲しくコミュニテイを開いてしまいました。
Mixi素人でコミュニテイの運営の仕方も良く分かりませんので、どんどん自由に書き込みしてください。
皆様よろしくお願いいたします。

 



コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 57人

もっと見る

開設日
2006年9月2日

3748日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!