mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 【組曲・黒姫物語】

【組曲・黒姫物語】

【組曲・黒姫物語】

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年7月28日 02:44更新

北信濃に古くから語り継がれている〔黒姫物語〕は志賀高原の奥深くに有る大沼池の主(黒龍)が里の高梨城の花の宴で白蛇に身を変えて(黒姫様)と出会い、盃を受けた事から黒姫様を見初めて忘れられなくなった・・・・・と言うところから始まる民話です。  その民話をシンガーソングライター野田純子オリジナル音楽を中心に、語りと造形的舞台で〔組曲・黒姫物語〕として製作し、東京芸術劇場・渋谷ジャンジャンはじめ全国各地で上演して来ましたが、この民話の発祥の大沼池が有る志賀高原の〔大蛇祭り〕で今回3回目の上演をしました。

作詞・作曲 野田純子   脚本・杜江良
出演 ピアノ/ボーカル 野田純子  語り 杜江良・佐藤直子(劇団・円)  ギター  小畑和彦  ドラム 日高弘  ベース 三ヶ田晋 コーラス 工藤里実 
照明 柳戸勉  音響 山崎均
総合プロデュース/舞台美術/衣装田中ゆきひと

黒姫物語の民話が語り継がれて来た信州中野市民会館で初演↓
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~syotenti/nodasample1.htm 

東京芸術劇場で上演↓
http://www5e.biglobe.ne.jp/~syotenti/nodasample4.htm



【組曲・黒姫物語】プロローグ

・・・・・・・・志賀の奥深くに棲まいする黒龍は、大沼池の水をゆっくりと持ち上げて、高原一体を流れる、緑を含んだ、やわらかな匂いを運ぶ風を感じていた。
 空は、どこまでも高く、深い広がりをもって、その碧(あお)を溶かしてゆく。
 たゆとう限りなき時の流れの中で、黒龍は、己の眼(まなこ)が森羅万象、あらゆるものを見据えてきたことを想っていた。
 『幾百、幾千の時節が巡ろうと、変わらぬものがあり、亦、うつろい易いものもある。変わるものと、変わらぬものの間を行き来して、おれは気まぐれに、人里に降りて、それをもて弄(あそ)ぶこともあった。
 人は恐れに因(よ)って、己の世界を成立(な)らせてきた。
 だが、時にはそれを忘れ、驕り(おごり)高ぶることもある。
 それも亦面白い…。
 久しく出ぬ、人里を見るも、亦、良いか…。
 何やら、遠く誘う音(ね)も聞こえてくるわ』


語り  長い信濃の冬を耐えた山々に霞がたなびき、春の気配を感じてか、木々は眠っていた身を震わすかのように、雪の重みを振りほどいた。

語り  里は春。風はやわらかに吹いて、山と山とをめぐり、信濃の大地に息吹を吹き込んだ。野には緑の草が萌え出て、花々は繚乱し、人々は浮き立つ春に来るべき秋の収穫を予感した。中野の城主、高梨摂津守政盛は小館城内の満開の桜をながめていた。

政盛 「おう、東山の桜も見事に咲きそろうた。ほ、鳥たちも競い合うて歌うておるわ。」・・・・・・・・・・

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 19人

もっと見る

開設日
2006年8月31日

3752日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!