mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > Wilhelm Reich W・ライヒ

Wilhelm Reich W・ライヒ

Wilhelm Reich W・ライヒ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年5月21日 13:28更新

Wilhelm Reich [ヴィルヘルム・ライヒ] に関する情報交換のためのコミュニティです。
詳しい方もそうでない方も気軽に発言してください。
スレッドは自由に立てていただいて結構です。

【Wilhelm Reich:ヴィルヘルム・ライヒとは?】
オーストリアのガリシア生まれ。
精神分析学者。
神経症の原因をリビドーの抑圧にあるとするフロイトの性欲説に賛同し、フロイトの弟子となる。
分析医として患者の”性格抵抗”に着目、精神病患者には”性格の鎧”があり、特に権威主義的な価値観の持ち主は、自身の欲望を抑圧するがゆえに無理が生じ、精神病に発展すると考えた。こころのこわばりが、筋肉のこわばりと連動し、さらには心因的理由によって身体の異常が生ずるとする考えに至る。
その後、マルクス主義に接近し、社会変革による性解放を模索するようになる。ライヒが社会的なレベルでのセクシュアル・レヴォリューションを希求したのは、精神病の抜本的な解決のためであったが、このことは、フロイトの不信を招き、最終的に国際精神分析学会から追放されるに至る。
一方、性の問題を重視するライヒは、共産党とも対立し、マルクス陣営からも破門されることとなる。
ライヒが最終的に向かったのは、オルゴン研究である。オルゴンとは、生命エネルギーのことで、フロイトのリビドーの実体化であった。
ライヒは、オルゴン集積器を作り販売するが、米国FDAは販売禁止命令を出し、ライヒは逮捕される。最終的にライヒは、心臓発作で獄死する。

【本コミュニティで取り上げられる主な話題】
<1>心理学・精神医学の系譜を辿り、ライヒの位置づけを行うこと。
・フロイトの精神分析
・ユングの分析心理学
・実存的精神分析(サルトル、メルロ=ポンティ、フランクル)
・構造主義的精神分析(ジャック・ラカン)
・ポスト構造主義的精神分析(ミッシェル・フーコー、ジル・ドゥルーズ&フェリックス・ガタリら)
<2>人間解放の理論としてのライヒ思想を考え、現実を変えるためにライヒを導入すること。
・精神分析+マルクス主義
・現代文化への影響(ウィリアム・S・バロウズ、寺山修司、ドゥシャン・マカヴェイエフ、ケイト・ブッシュら)
<3>生命科学としてのライヒのオルゴノミーについて考え、科学的再検証を推し進めること。
・オルゴン・エネルギー、バイオン
・オルゴノスコープ(オルゴン拡大鏡)
・オルゴン・アキュミュレーター(オルゴン・ボックスは俗称)
・カール・ウェルツによるオルゴン・ジェネレーター
・クラウドバスター
・Deadly Orgone(死のオルゴン)、略称DOR
・バイオシンセシス

【Wilhelm Reichの主な著作】
『性の革命』
『オルガスムの機能』
『性道徳の出現』
『きけ 小人物よ!』
『キリストの殺害』
『性格分析』
『弁証法的唯物論と精神分析』
『文化闘争における性』
『ファシズムの大衆心理』

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 360人

もっと見る

開設日
2005年3月8日

4578日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!