mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 槍田郁美とルミノール

槍田郁美とルミノール

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年4月1日 21:40更新

名探偵コナンの30巻
File4「糾合」File5「惨劇」File6「密殺」File7「誑欺」に登場する
元検視官の探偵「槍田郁美(そうだいくみ)」のコミュニティです。
クールな槍田郁美に惚れちゃった人ご参加ください^^

そして、「ルミノールがものすごい気になる!」という方も是非是非ご参加くださいませ><

ルミノールwiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB

槍田郁美とルミノールの組み合わせは最強です!(笑

また、「槍田郁美」の役を演じられた篠原恵美さんのファンも方も是非ご参加ください。

篠原恵美さんのwiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%A0%E5%8E%9F%E6%81%B5%E7%BE%8E

「黄昏の館」編が大好きだという人ももちろんご参加ください^^

-----------------------------------------
タイトル File219
「集められた名探偵! 工藤新一vs怪盗キッド」
放映日 2001/1/8(2時間スペシャル)
2003/10/6(再放映2時間スペシャル)
原題 週刊少年サンデー
1999年20号「ブラック・スターの巻(前編)」
1999年21号「ブラック・スターの巻(後編)」
【第30巻】
File4「糾合」
File5「惨劇」
File6「密殺」
File7「誑欺」

「槍田郁美」はこのスペシャルの後半部分だけですので以下は「黄昏の館」編のみご紹介させていただきます。

【事件現場】
黄昏の館

【登場人物】
江戸川コナン
毛利蘭
毛利小五郎
茂木遥史(39)
千間降代(63)
槍田郁美(29)
大上祝善(51)
白馬探(17)
石原亜紀(23)
覆面の男
堀内
ワトソン
烏丸蓮耶(99)

【あらすじ】
「それは君達、探偵諸君に再びあの惨劇を演じて欲しいからだ…
 この館の財宝を巡って奪い合い殺し合うあの醜態を…」
 その日毛利探偵事務所に届けられた手紙は何とも不気味なものでした。真っ黒な封筒にただ「毛利小五郎様」とだけあり、差出人もなければ切手も貼られていなかったのです。そして小五郎が封を切り中を確かめてみると…

 「貴殿の英知をたたえ我が晩餐にご招待申し上げます…」─封筒の中にはそのように書かれた手紙と、更に200万円の小切手が同封されていたのでした。

 ただの悪戯に200万円もの大金を出すはずもなく、あながち新手の勧誘とも思えないと考えた小五郎は、結局蘭とコナンを伴って手紙の指し示す「黄昏の館」を訪問することに決めたのです。

 一方コナンはというと、手紙の最後に書かれていた差出人とも思える「神が見捨し仔の幻影」という言葉を見て何かを感じ取ったらしく…

 それからいつもの如くレンタカーを借りた小五郎は、黄昏の館を目指して車を走らせていきますが、やはりいつもの如く途中でパンクに見舞われたものの、運良く目の前にガソリンスタンドがあったために事なきを得て、無事に目的地の黄昏の館に到着することができます。

 黄昏の館に着いた小五郎たちは、到着するなりそこに集まったメンバーを見て驚かされます。なぜなら小五郎が道の途中で車の故障のため困っている所を拾い上げた千間降代という老嬢をはじめ、何とそこには国内きっての腕利きの名探偵たちが集結していたからでした…!!!

 千間探偵の他にもハードボイルド風な出で立ちの茂木遥史、元検視官の美貌の女性探偵・槍田郁美、美食家探偵として有名な大上祝善、更には白馬警視総監を父に持つ高校生探偵・白馬探…

 招待されたものの行方知れずということになっている新一と、中間テストが近いという理由で来られない服部平次の姿はないものの、集められた誰もが名探偵と呼ぶにふさわしい推理力を持ち合わせていたのです。もっとも新一の方はご存知の如く…

 それにしても今回の晩餐会の招待主は、これだけの名探偵を集めて一体何をしようというのでしょうか…!?

 ところが肝心の晩餐会の主はというと、しばらく名探偵たちにリビングで待ちぼうけを食らわせた上、晩餐が始まる時刻になっても一向に名探偵たちの前に姿を現わそうとはしなかったのです…。
 しかも今回雇われたメイドの石原亜紀もパソコン画面を相手に面接を受けたらしく、雇い主の顔は全く見ておらず…

 つまり館に集まった誰一人として館の主の顔を知らないということになるのでした…。

 そしてそんな不在の館の主に代わって名探偵たちに語りかけるのは、顔の部分ににスピーカーが埋め込まれた人を模った不気味な人形でした。やがてその人形は、館の主が今回名探偵たちを集めた目的を次のように説明し始めたのです。

 館の主が長年かけて築き上げたという巨万の財宝、それがこの黄昏の館のどこかに眠っているらしく、それを探り当てる…。しかも自らの命を懸けてというのでした…

 館の主の用意周到な計画によって名探偵たちが乗ってきた車は爆破され、途中の橋も全て落とされており、全く脱出口を断たれた探偵たちが生き残る唯一つの方法は、その財宝を探り当てることしかないというのです…
 そしてそれを成し遂げた者だけが、財宝の半分とともに館からの脱出方法を教えられるというのですが…

 自らの命を懸けたサバイバルゲーム…人形の話を聞いた小五郎は、姿を見せない館の主に激しい憤りを見せます。
 ところがコナンを含め、他の探偵たちにはなぜか今回のこの悪巧みを仕掛けた人物に心当たりがある様子なのです。なぜなら招待状にあった「神が見捨し仔の幻影」というのは実は……

【名探偵たちの名前の由来】
黄昏の館の話では数多くの名探偵たちが登場しますが、彼らの名前は世界でも屈指の名探偵たちにちなんで名付けられています。ただし白馬探だけは「?」です

・茂木遥史→レイモンド・チャンドラーの生み出したフィリップ・マーロウの映画作品を数多く演じた俳優ハンフリー・ボガード(名探偵図鑑・9巻)
・千間降代→アガサ・クリスティーの生み出したミス・ジェーン・マープル(名探偵図鑑・20巻)
・槍田郁美→オースチン・フリーマンの生み出したソーンダイク博士(名探偵図鑑・30巻)
・大上祝善→レックス・スタウトの生み出したネロ・ウルフ(大上は「狼(ウルフ)」をもじったもの)(名探偵図鑑・17巻)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2006年8月24日

3959日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!