mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 魅惑のクルーナー・小畑実

魅惑のクルーナー・小畑実

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月2日 19:50更新

天性の美声と磨きぬかれた繊細なテクニックで、戦中・戦後の歌謡界を席巻した日本のクルーナー、小畑実さんについて語りませんか・?

 略  歴
大正12年 平壌に生まれる
昭和16年 ポリドール「成吉思汗」でデビュー。同年末ビクターに入社「東京の青空」が第一作。その後「婦系図の歌」「勘太郎月夜唄」が大ヒットする
昭和21年 ビクターが戦災で立ち遅れたためテイチクに移籍 
昭和22年 恩師・江口夜詩のいるキングに移籍
「長崎のザボン売り」「小判鮫の唄」「薔薇を召しませ」「アメリカ通いの白い船」や作曲家・利根一郎と研究を重ねたクルーン唱法の「星影の小径」等ヒットを連発する
昭和25年 コロムビアに移籍
古賀政男の「涙のチャング」等を発売する
昭和26年 利根一郎の斡旋でビクターに復帰
佐伯孝夫、佐々木俊一のコンビによる復帰作「高原の駅よさようなら」が大ヒット
「山の端の月の出る頃」「雨のダンスパーティー」「あゝ高原を馬車は行く」「ロンドンの街角で」「花の三度笠」「そよ風のビギン」等々ヒットを連発する
この間、雑誌「平凡」の人気投票で27年から三年連続で男性歌手部門の一位を占める

昭和32年 紅白歌合戦を最後に引退
      実業家に転進する
昭和43年 ヒット曲を再吹き込みしたLPを発売
昭和44年 新曲を発売。本格的にカムバックする
以降、ナツメロ番組の常連として出演する一方、精力的に新曲を発表する

昭和50年頃より夫人とレコード行商と称して、全国を行脚する。往年の大スターがミカン箱の上に乗りアカペラで歌う姿がマスコミに紹介され話題となる

昭和54年4月24日 ゴルフのプレー中に倒れ急逝
享年55歳

小畑さんのファンの方、是非ご参加下さい。
お待ちしております。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 43人

もっと見る

開設日
2006年8月22日

3959日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!