mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > Ultimate Warrior

Ultimate Warrior

Ultimate Warrior

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元WWF世界ヘビー級チャンピオン・アルティメット・ウォリアー(Ultimate Warrior)ことジム・ヘルウィッグ(Bryan Barry James Hellwig)のコミュニティです。

【リングネーム】
ザ・ウォリアー
アルティメット・ウォリアー
ディンゴ・ウォリアー
ブレード・ランナー・ロック

本名 ウォリアー
※現在は法的手続きにより本名もウォリアー。

【ニックネーム】
超合金戦士

身長 188cm
体重 125kg

誕生日:1959年7月16日
出身地:アメリカ合衆国インディアナ州
スポーツ歴:ボディビル

【トレーナー】
レッド・バスティエン
リック・ベースマン

【デビュー】
1985年

【経歴】
パワーチームUSAなるボディビルチームに所属し、1985年にプロレス転向。インディー団体を転戦し、スティーブ・ボーデン(現:スティング)とタッグチーム、ブレード・ランナーズを結成し、ブレード・ランナー・ロック(Blade Runner Rock)として活動。その後、顔面ペイントを施したバーバリアンギミックのディンゴ・ウォリアー(Dingo Warrior)として活躍。後のアルティメット・ウォリアーの前身となる。

1987年にWWF(現:WWE)と契約。リングネームをアルティメット・ウォリアー(Ultimate Warrior)とし、1988年のサマースラムでホンキー・トンク・マンからインターコンチネンタル王座を奪取。1989年のレッスルマニア5でリック・ルードに王座を奪われるが同年のサマースラムで奪還。1990年のレッスルマニア6でハルク・ホーガンとのIC王座、WWE王座のダブルタイトルマッチに勝利し、2冠王者となる。風貌がよく似ていたテキサス・トルネードとタッグを組むことも多かった。1991年のロイヤルランブルでサージェント・スローターに敗れ王座転落。その後、"マッチョ・キング"ランディ・サベージと抗争し、レッスルマニア7における敗者引退マッチに勝利し決着を着ける。しかし、この試合終了後、敗者であるサベージと元マネージャーのエリザベスが復縁するといったストーリーが展開したために噛ませ犬的な扱いを受けてしまう。同年8月、金銭トラブルでWWFを解雇される。1992年にWWFに復帰するが、11月に再び解雇される。1996年のレッスルマニア12で再びWWFに復帰し、ハンター・ハースト・ヘルムスリーに勝利。しかしビンス・マクマホンと対立し再び退団。

1998年にWCWにザ・ウォリアーとして参戦するが肉体的な衰えは隠せず、コスチュームをつけたまま試合を行なっていた。1999年にWCWを離脱したのを最後にレスラーとしてはセミリタイア状態である。一時期は全く公の場に姿を見せなかったため、「ステロイド剤の過剰摂取の後遺症で脚を切断した」という噂や廃人説、果ては死亡説まで流れたこともあった。

現在は超保守派の政治団体に所属して主に講演活動をおこなっており、WWEのステロイド剤の使用にも苦言を呈している。2005年にはWWEからトリビュートDVDが発売されたが、現在の本人の出演は一切なく内容も彼の人格を非難するようなコメントが多く含まれていたため、WWEとの関係は冷え切っていると見られている。

2008年からイタリアのプロレス団体NWE(Nu-Wrestling Evolution)に参戦。オーランド・ジョーダンを破り第5代NWE世界ヘビー級チャンピオンとなるがすぐにタイトルを返上。


【ファイトスタイル】
ウォリアーの試合はワンパターンで以下のような流れがほとんどである。
・入場ゲートから全力疾走
・ロープを掴んで上下にブルブルと揺らす(現在バティスタがコピーしている)
・試合はディンゴボンバー(ラリアット)、ショルダータックル、パワースラムなど力押し一辺倒

・最後はリフトアップスラムからアルティメットスプラッシュ(背中へのボディ・プレス)
※背中にボディ・プレスを行なうのは従来のボディ・プレスをリック・ルードに膝を立てて返されたためである。

<Wikipediaより抜粋>

最新情報

トピック

開設日
2005年03月02日
(運営期間4229日)
カテゴリ
スポーツ
メンバー数
122人
関連ワード