mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学校 > 同志社びわこリトリートセンター

同志社びわこリトリートセンター

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年4月2日 11:59更新

湖西線の新快速にコトコト揺られてやっと辿り着くJR北小松駅。そこには自動改札など影も無く、その僅かに人が居る改札も夕方にはもう駅員の姿などない。
列車の時間に合わせてようやくやってくるバス、いや、バンと呼ぶ方が相応しいだろう。20人程度の団体でも2台でやってくるか、ひどい時には1台が2往復する事さえある。荷物も人もぎゅうと押し込められ耐える事約10分、ようやく我々は目的地同志社びわこリトリートセンターに到着する事ができたのである。


同志社びわこリトリートセンターは、同志社創立125周年記念事業の一環として、「キリスト教主義教育・国際交流」のための施設として建設されました。「リトリート」とは、聖会または修養会として自然の中に退き、聖書を学び、かつ祈り、神との交りを持つことを意味しています。
各施設の命名に際しては、同志社建学の理念であるキリスト教主義と新島精神に改めて立ち返ったそうです。キリスト教主義の視点からは、琵琶湖畔をイエスが宣教を開始したガリラヤ湖畔に見立て、ガリラヤ湖畔を巡るイエスの言行から言葉を選択し、新島精神の視点からは、新島の愛用句「深山大沢、龍蛇を生ず」、センターの立地する北小松のような深い山、大きな水のあるところには龍の如き大物が生まれるという言葉を採用たということです。

■ペトロの岩(屋外チャペル)
屋外チャペルは、イエスの「あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。」(マタイ16:18)という言葉から、ペトロの岩と名付けました。ペトロという使徒の名それ自身も岩を意味しますが、ここではペトロを十二使徒の一人の固有名と考えることにしました。

■変容の丘(最高地点)
びわこリトリートセンターの最高地点は、ガリラヤ湖畔の最高地点タポル山において、イエスが変容し神の子であることが顕現した場面(マタイ17:1-8)に因んで、変容の丘と名付けました。

■湖(うみ)の道、木洩れ日の道、芙蓉の道、龍の道
センターの建築群から最高地点に向かう四本の道の内、琵琶湖に一番近い道を湖(うみ)の道、林の中を周遊する道を木洩れ日の道、山に最も近い道を高山に因んで芙蓉の道、二点間を真っ直ぐに結ぶ広い道を、新島の愛用句「深山大沢、龍蛇を生ず」から、龍の道と名付けました。

■明鏡館(めいきょうかん)
施設の管理運営の中心であるセンター棟は、イエスがガリラヤ湖の嵐を静め弟子達に改めて見直されるガリラヤ湖止水の場面(マタイ8:23-27)から止水の言葉を取り、止水といえば東アジア人として当然に思い起こされる、朱子が儒学の目的として掲げた「明鏡止水」の境地、月を映す鏡のように静かな水の境地というひねりを効かせて、明鏡館と名付けました。

■安息館(あんそくかん)
礼拝堂はイエスの「だれでも私のもとに来なさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。」(マタイ11:28-30)という言葉から、安息館と名付けました。

■革袋館(かくたいかん)
施設の最も大切な機能である大小集会を開催する会議室棟は、この新しい施設において新しい思想が育まれるのを期待して、イエスの「新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ。」(マタイ9:16-17)という言葉から新しい革袋、ただし漢字の「革」は「かわ」という意味と共に、「革まる」(革命の「革」)という意味を持つことを踏まえ、「新しい」の意味を「革」の字に込めて、革袋館と名付けました。

■漁人館(りょうじんかん)
和室宿泊棟は、イエスがガリラヤ湖畔で行った四人の漁師を最初の弟子にするという行為、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう。」(マタイ4:18-22)という言葉から、漁人館と名付けました。

■深山館(しんざんかん)
洋室シングル棟は、次の洋室ツイン棟と一対なので、新島の愛用句「深山大沢、龍蛇を生ず」から、深山館と名付けました。

■大沢館(だいたくかん)
洋室ツイン棟は、前の洋室シングル棟と一対なので、新島の愛用句「深山大沢、龍蛇を生ず」から、大沢館と名付けました。

■活水館(かっすいかん)
浴室棟は、イエスの「わたしが与える(生きた)水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える(生きた)水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」(ヨハネ4:7-14)という言葉から、生きた(活きた)水を取り、活水館と名付けました。

■森の翼(Wings of the Forest)
1976年、福岡市に開設された子ども達の遊び場・福岡プレイスクールに風と水の彫刻家・新宮晋氏の作品がシンボルとして生を受けた。以来25年間にわたり子ども達の成長を見守ってきた風車は、遊び場を運営する財団法人プレイスクール協会理事長・小笠原浩方氏の母校である同志社において新たな命を与えられ、この北小松の風を受けて動きつづける。

宿泊には、アメニティも充実の洋室のシングル・ダブル、そして和室大部屋を有する。同時翻訳室までついた本格的なセミナールームにテニスコートやグラウンド、卓球場などのスポーツ施設、そしてチャペルにはピアノの最高峰スタインウェイのグランドにスイス製のパイプオルガンとゼミ・サークル・クラブなどの合宿にうってつけ。そして食事は某超一流ホテルからヘッドハンティングしてきたというシェフの作るフランス料理からバーベキューまで好みに応じて好きなものを食べられる。
しかしその華やかな表の印象とは反対に、よくよく見れば裏の印象は酷いものだ。
夏冬と言わず襲ってくる湖の湿気はじとーっと不快で、その影響からチャペルに設置された楽器のコンディションは最悪。また夏場のスポーツ施設は日光をもろに受け、しかも蚊など虫がひどい。ハイキングロードなど普通の服装で出かけようものなら、荒れ放題の山道で全身こきたなくなって帰ってくるという始末。しかも設立わずか5年で支配人すら「もうどんどん汚くなって…」と利用者に漏らす現状。そして始めは美味しいと感じる食事もメニューに全く変化が無く、また朝食のバイキングは選びようもなく毎回同じのため10回も利用すれば完璧に飽きてしまう。

そんなリトリートセンターがやっぱりいとおしいという人、あんな所二度と行くか!という人、前の北小松学舎の方が趣があっていい…という人、いやいやリトセンは最高だよ!って人。

そのほかなんでもいいんでリトリートセンターに少しでも思いがある人は参加お待ちしてます☆


トピ立てはご自由にどうぞ。「いつからいつまでリトセン居ます」って勝手にオフ会イベントしてもらっても結構です(笑)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 18人

もっと見る

開設日
2006年8月5日

4068日間運営

カテゴリ
学校
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!