mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > オフバイクの軽量化

オフバイクの軽量化

オフバイクの軽量化

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月8日 23:06更新

自身の少ないながらの実体験の中で感じた弄りのコンセプトとして、軽量化とマス集中化があります。

この二つの手法をうまく利用すれば、ただ闇雲にEgパワーアップを求め果たした時より、乗りやすく楽しいものとなると確信しています。

パワーアップや軽量化は決して特定ジャンルの専売特許ではありません。
レース派は勿論でしょうが、プライベートでも林道探索など含め、軽くなれば難所へのアプローチも楽になりますし、楽しいプレイランの本領発揮ですよ。

そんな事は既に承知な皆さんがこのミク内にも多数?要る筈と思い、このコミュを立ててみました。
是非、アマチュアによる軽量化の手法や、実現可・不可妄想ネタをご披露ください。
また、プロにしか手の出ない手法や工法もアマチュアには非常に参考になりますので是非宜しくお願いします。


因みに、管理人たかっちの愛車「カワサキKDX220SR」は、メーカー公表値の乾燥重量が105kgとなっています。
しかし、軽量化の進んだ現在、GAS抜きでの公道走行可能状態の実測で104kg
(他のオイル類は入った状態なので半乾燥とでも呼べば良いのか?)
(最終計測05/01/01頃)

この104kgの車体から乾燥重量を求めるべく、各油脂類・冷却水と、後付けのハンドガードやスキッドプレートなどの重量を除けば既に乾重100kg切ってま〜す。(祝) 

次の目標は乾燥98kgで、2stMX250クラスです。



 〜おやくそく事〜

改造は基本自己責任です。
が、事故では他人を巻き込みますので十分注意を忘れず、転んだって泣かない大人の覚悟で望んでね♪

こと軽量化で材料置換を行うと諸刃の剣となります。特にアルミボルトの類はチョー怖いです。乗りっぱなしのズボラナ人間には100パーセント向きません。
という事で、
耐久性を犠牲にした分軽くなってる事が基本的に多いので、日頃の点検や交換頻度は上がるものと心得ましょう。



11/01/03 ご挨拶です
皆さん、あけおめことよろでございます。
旧年中はどのくらい軽量化できましたか?
私は自身のRショックOHついでに、内部の鉄パーツの幾つかをアルミ置換したにとどまりました。涙
今年はもう少し精進できればと思っています。

それでは残り360日ほど、良いお年を〜〜〜



10/05/24画像更新
画像を入れ替えました。
KDX220SRのノーマルメーターギヤ(約150g)のキャンセラーとして、アルミカラーと汎用シール、POM製シールホルダの構成で34gなり。


07/08/06
このコミュにも段々と少数系な方々が集まってきてますので、既にあるトピの一つを挨拶要に
転用させていただきますので、軽量化ネタが無くても気張らずどうぞ〜
お初トピ↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=14251038&comm_id=115869

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 58人

もっと見る

開設日
2005年2月23日

4306日間運営

カテゴリ
車、バイク
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!