mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 陸羯南

陸羯南

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年4月1日 22:18更新

陸羯南(くが かつなん、1857年11月30日(安政4年10月14日) - 1907年(明治40年)9月2日)は明治時代の国民主義(民族主義)的ジャーナリスト。本名、中田実(陸実)。津軽藩藩医・中田謙斎の二男。親戚の陸家の名跡を継ぐ。郷里の東奥義塾を経て、宮城師範学校に入学するが、薩摩出身の校長の横暴に抗議、退校処分となる。次いで、司法省法学校に転校。ここでも校長の態度に反発し、退学。ここでの同窓生に、原敬がいる。北海道に渡ってのち再度上京し、フランス語が堪能だったことから太政官書記局員となる。しかし1887年、政府の条約改正・欧化政策に反対して退官。何がなんでも西欧列強に肩を並べたいという政府の方針に対し、日本の伝統に基づいた穏やかな近代化を提唱した。


後に新聞の発行を決意し、「東洋電報」という日刊新聞を創刊,翌年「日本」と改題,社長兼主筆として活躍した。羯南は、国民主義という立場に拠り、社説を担当して国民精神の昂揚につとめた。彼の主張は、その新聞名から「日本主義」とも呼ばれる。官僚主義と藩閥政治の専制を攻撃する彼の社説・評論は論旨明快、多くの読者の支持を得た。「日本」には、いわゆる三面記事はなく、振り仮名抜きの漢文体という硬派の新聞であった。三宅雪嶺、志賀重昂、長谷川如是閑など明治後期を代表する多くの思想家、言論人がこの新聞に集まり、近代ジャーナリズムのさきがけとなった。政府の不正・腐敗を糾弾する激しい論調は、しばしば発行停止処分を招き、その合計、230日にも達したほどだった。このような反骨の政治新聞にも、狭いスペースながら文芸欄があった。ここを拠りどころにして、明治の俳句・短歌の改革を成し遂げたのが、正岡子規である。激痛を伴う結核性カリエスという宿痾をもつ子規に対し、羯南は終生父のごとく接し、俳句・短歌論を励まし、病身を慰た。


おもな著作物に『原政』『近時政論考』『国際論』などがあり、『羯南文録』『羯南文集』には、論文のほか詩歌の類も収録されている。1905年引退、翌々年鎌倉で没した。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 45人

もっと見る

開設日
2006年7月27日

3985日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!