mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 酒井抱一

酒井抱一

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年6月5日 23:46更新

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
より引用(07/1/18版)

酒井 抱一(さかい ほういつ
(宝暦11年7月1日(1761年8月1日) - 文政11年11月29日(1829年1月4日))は、江戸時代後期の絵師。本名は忠因(ただなお)、字は暉真。鶯村、雨華庵とも号する。姫路藩主・酒井忠以(ただざね)の弟。

譜代大名家の次男に生まれた抱一は、若い頃から俳諧や狂歌、浮世絵等に才能を発揮し、37歳で出家した後は尾形光琳に私淑する。琳派の装飾的な画風を受け継ぎつつ、円山四条派や土佐派などの技法も積極的に取り入れた独自の洒脱で叙情的な作風を確立し、いわゆる江戸琳派の創始者となった。代表作の「風雨草花図」(「夏秋草図屏風」の題名で広く知られる)は、俵屋宗達の名作に影響を受けた光琳の「風神雷神図」屏風(重要文化財)の裏面に描かれたものである(現在は保存上の観点から「風神雷神図」とは別々に表装されている)。風神図の裏には風に翻弄される秋草を、雷神図の裏には驟雨に濡れる夏草を描き、「風神雷神図」と見事な照応を示している。

墓所は築地本願寺(東京都指定旧跡)。

【 代表作 】
* 『風雨草花図』(通称:夏秋草図屏風)東京国立博物館蔵、重要文化財
* 『月に秋草図屏風』ペンタックス株式会社蔵、重要文化財
* 『十二か月花鳥図』宮内庁三の丸尚蔵館蔵
* 『飛雪白鷺』(通称:芦に白鷺図)山種美術館蔵
* 『八橋図屏風』出光美術館蔵
* 『紅白梅図屏風』出光美術館蔵
* 『波涛図屏風』静嘉堂文庫美術館蔵
* 『四季花鳥図屏風』陽明文庫蔵
* 『月夜楓図』静岡県立美術館蔵
* 『雲雀に春草図』姫路市立美術館蔵 1817年頃
* 『播州室明神神事棹歌之遊女行列図』姫路市立美術館蔵
* 『三十六歌仙図色紙貼付屏風』プライスコレクション蔵
...and more.

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 761人

もっと見る

開設日
2006年7月23日

4022日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!